スポンサーリンク

「取り止め」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「取り止め」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、取り止めの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

取り止めとは?意味

取り止めとは、予定していたことが天候や運営会社の都合などによって急遽やらないようにすることを意味しています。

これから始まることが何らかの事情によって中止になるという意味合いもあります。

取り止めの概要

取り消しや解約とも使える取り止めは、自然災害が起きたときに急遽電車やバスの運転をやめるときや、見積依頼していたが、金銭的なトラブルで見積りを出すことをやめる、トラブルが起きたことで企業のCMをテレビで流すのはやめるというとき取り止めると分かりやすく伝えます。

この取り止めるは、主に予定していたものをやめるときに使う言葉であり、緊急事態ではありますが、落ち着いて相手へ中止となったことを伝えられる言葉として、企業や運営会社などが客や取引先相手に対して伝えるときに使う言葉です。

取り止めの言葉の使い方と使われ方

プライベートでの使い方は、「結婚式が取り止めになる」「予約していたコンサートが急遽取り止めとなる」と使います。

新婦の具合が悪くなってしまったときや、台風で式場に行けない人が増えたなどの原因で中止したときに当てはまる言葉です。

また、僕たちは商品の開発を取り止めることにしたと、自分側がやることをやめたことを伝えるとき「そのプロジェクトを取り止めなさい」とやめさせるための忠告としても使います。

予定が駄目になる、キャンセルになる、中止する状態になったとき、そのことについて丁寧に伝える言葉として使われています。

取り止めを使った例文と(使用例)

・雨天の場合、サッカーの試合は取り止めにします。チケットは払い戻します。

雨が降った場合、野外で行うサッカーの試合はできないので中止にしますと伝えます。

購入したチケットは払い戻すとファンに伝えて、トラブルが起こらないようにする説明の後、払い戻しの手続きをします。

・資金面でトラブルが発生した。その開発を今すぐに取りやめなさい。

資金が調達できない場合、開発できないので取りやめになってしまいます。

この文では、「取りやめなさい」と強引に中止させるときに使う例文です。

・彼の夢をサポートするために金銭面で援助していたが、お金を違うことで使っていたため、援助を取り止めることにした。

夢を応援するためにお金を援助していましたが、本人が間違ったことに使っていたことの裏切りを知り、援助はしないことにするという怒りを込めた気持ちを伝えています。

まとめ

予定していた事柄や行動が中止になってしまうときに使われる取り止めるは、自分の方からキャンセルするのではなく、運営側や企業の方からなんらかの事態が起きたときに中止しなければならないときに使います。

できれば取り止めになることは避けたいものですが、そうなったときはパニックにならないようどのように行動すればいいか情報を集めることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典