スポンサーリンク

「受け取る」と「受け止める」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「受け取る」と「受け止める」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「受け取る」「受け止める」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いを是非とも理解していただき、ご自分で上手に使いこなしてみてください。

使いこなせると、言葉というのは非常に面白いものになってきます。

スポンサーリンク

「受け取る」とは?

最初に「受け取る」の意味をご説明致します。

「受け取る」の意味としては、基本的に自分に対して渡してきたものを「受け取る」という意味で使われることが多いのです。

また、他人の言動や行動に対して、自分が受け入れる意味合いでも使われますので、是非とも把握しておいてください。

「受け止める」とは?

次は「受け止める」の意味を説明していきます。

「受け止める」の意味とは、自分の方に向かって来るものを自身が「受け止める」歳に使います。

そして、生じている事に対して理解する意味合いでも使いますので、覚えておいてください。

「受け取る」と「受け止める」の違い

ここでは「受け取る」「受け止める」の違いを解説していきます。

「受け取る」「受け止める」の違いについては、上で解説した意味を見ていくと自ずと違いが見えてきます。

「受け取る」といういうのは、自分に渡されたものを「受け取る」際に使うことが多いのです。

そして、人の言動や行動を自分が受け入れる際にも使います。

一方で、「受け止める」というのは、自分に向かって来るものを自身が「受け止める」際に使います。

また、生じている事に対して自分が納得して理解する時にも使いますので、是非ともこの違いを覚えておいてください。

この違いを覚えておくと、使える場面が瞬時にして判断ができることでしょう。

「受け取る」を使った例文

ここでは「受け取る」を使った例文を書いていきます。

・『書類を確かに受け取りました』
・『彼の行動をどう受け取るかは彼女次第です』
・『人によって受け取る感覚は違うのは当然です』
・『受け取る時に、きちんとハンコを押しました』
・『荷物を受け取る時に、宅配のドライバーさんにお礼を言った』 以上が「受け取る」を使った例文ですので、参考になれば幸いです。

「受け止める」を使った例文

次は「受け止める」を使った例文を書きます。

・『ラグビーボールを受け止める』
・『救助の際に、人を受け止める器具が必要だ』
・『味方艦の行動敬意を持って受け止める』
・『息子の言葉を受け止めるには時間がかかりそうだ』
・『受け止めるにはある程度の体格が必要である』
以上が「受け止める」を使った例文になりますので、覚えておいてください。

「まとめ」

まとめとして、「受け取る」とは自分に渡される対象物を「受け取る」際に使います。

また、人の行動や言動を理解する際にも使いますので、覚えておいてください。

そして、「受け止める」というのは自分に向かって来るものを自身が「受け止める」際に使うのです。

その他には、物事をしっかりと理解して納得する際にも使いますので、覚えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典