「受託」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「受託」の意味

「受託」という表現は、「仕事などを、頼まれて引き受けること」を意味しています。

また「受託」というのは、「相手から依頼されて金銭・物品を預かること」「金品を預かって管理・運用すること」を意味している表現です。

「受託」の読み方

「受託」の読み方は、「じゅたく」になります。

「受託」の表現の使い方

「受託」の表現の使い方を紹介します。

「受託」の表現の使い方は、「仕事・業務などを、頼まれて引き受ける場合」に使う使い方になります。

また「受託」という表現は、「相手から頼まれてその人の金銭・物品を預かる時」にも使うことができます。

例えば、「受託された財産の運用について話し合いました」などの文章で、「受託」を使用することができます。

「受託」を使った例文と意味を解釈

「受託」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「受託」を使った例文1

「一度お客様から受託した仕事は、責任を持って最後までやらせて頂きます」

この「受託」を使った例文は、「受託」という表現を、「一度お客様から頼まれて引き受けた仕事は」という意味を持つ文脈で使っています。

「受託」を使った例文2

「受託した資産・金銭を依頼者の許可なく使用すれば、背任横領などの罪に問われる恐れがあります」 この「受託」を使った例文は、「依頼を受けてお預かりした資産・金銭を依頼者の許可なく使用すれば」という意味合いで、「受託」という表現を使用しています。

「受託」の類語や類義語

「受託」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

「引き受け・請負い」【ひきうけ・うけおい】

「受託」という表現は、「仕事などを依頼されて引き受けること」「他から頼まれた仕事を自分が請け負うこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「受託」とよく似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「引き受け・請負い」を上げられます。

「信託・受任」【しんたく・じゅにん】

「信託」という言葉は、「相手を信用して財産の管理・運用などを委託すること」を意味しています。

「受任」という表現は、「他からの任務・任用を受けること」「委託を引き受けてある業務を遂行する義務を負うこと」を意味しています。

これらの意味から、相手から頼まれて引き受けることを意味する「受託」と近い意味を持つ類義語として、「信託・受任」を指摘できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典