「号泣」と「大泣き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「号泣」と「大泣き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「号泣」「大泣き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「号泣」とは?

「号泣」の意味と使い方について紹介します。

「号泣」の意味

「号泣」「ごうきゅう」と読みます。

意味は「大声をあげて泣くこと」「泣き叫ぶこと」です。

「号泣」の使い方

「号泣」は、悲しいことが合った時、感動した時、喜びや怒りなどにより興奮した時に、大声を上げて泣き叫ぶことを言います。

泣くだけではなく、「わーっ」と大声を出して感情を表現する時の表現です。

「号」は、元は「號」という漢字で、「大声をあげる」という意味でした。

最近では「激しく泣くこと」という意味で使われていますが、声を上げずにひたすら泣くだけの場合は「号泣」とは言わないのです。

ただし、時代の変化により将来的に「激しく泣くこと」という使い方が正しいとされる様になる可能性はあります。

「大泣き」とは?

「大泣き」の意味と使い方について紹介します。

「大泣き」の意味

「大泣き」「おおなき」と読みます。

意味は「大きな声をあげて泣くこと」「激しく泣くこと」です。

「大泣き」の使い方

「大泣き」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「大きな声を上げて泣くこと」という意味で、悲しみや喜び、怒りや感動などで感情的になった時に、大きな声を出しながらなくことを言い、「号泣」と同じ意味です。

2つ目は「激しく泣くこと」で、大声を出す、出さないに限らず、大量に涙を流して泣き続けることを言います。

声を出さずにひたすら泣き続けるだけの場合は「号泣」とは言わず、「大泣き」になるのです。

「号泣」と「大泣き」の違い!

「号泣」「大声をあげて泣くこと」「泣き叫ぶこと」です。

「大泣き」「大きな声をあげて泣くこと」「激しく泣くこと」です。

まとめ

今回は「号泣」「大泣き」の違いをお伝えしました。

「号泣は声を出す」「大泣きは声を出す、出さないにかかわらず激しく泣く」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典