スポンサーリンク

「合点承知之助」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
合点承知之助新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「合点承知之助」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「合点承知之助」とは?意味

「合点承知之助」は、江戸時代から昭和にかけて流行した流行語の一つで「合点承知」は承知したや心得たという意味を持ち、之助は人物名です。

これは一種のしゃれで、一つの言葉をまるで2つの言葉の意味があるように見せるという江戸時代に流行した一種の遊びの延長線上にある言葉文化です。

こうした文化はいまだ日本には根付いており、例えば、あたり前田のクラッカーなどがあります。

ただし、これら言葉は、古くなればなるほど、新しい世代の方には通用せず、まず、合点の意味が分からない、招致が分からないという問題が生まれ始め、そもそもどこら辺が2つの言葉が合わさっているかすらわからないという問題があり、ジェネレーションによって世代差が生まれます。

そのため、まだジョーダンは良子ちゃんなどの方が2つの言葉が入っていると分かりやすく受け入れられやすいです。

「合点承知之助」の概要

「合点承知之助」は、江戸時代にかけて生まれた言葉遊びになり、なぜこうした文化が生まれたかですが、江戸時代初期には、何か言葉にさらに付け足す形で言葉をつないでいくことで言葉を作成するという遊びが流行しこうした遊びは実は海外でも流行していました。

例えば、カンニバルという言葉は、人食いという意味と狂っているという2つの意味があり、羊たちの沈黙という映画では人物名と狂っていることと人食いの意味があるかのようにカンニバルという言葉を使用しています。

こうした文化が生まれるのは、一つは江戸時代は安定した生活ができ、心に余裕があるからでカンニバルという西洋の呼び名もある意味でまだカンニバル博士という存在は恐ろしいがまだ何とか出来る余裕があったからこそ言えたのです。

本当に余裕がなければ、カンニバルなどと言っている間に逃げ出すのが正しいと言えます。

「合点承知之助」の言葉の使い方や使われ方

「合点承知之助」の使い方は、了解したという場合使用する言葉です。

ただ、この言葉、江戸時代から明治の方までに通用する言葉で昭和の方にも通用しますが平成生まれの方には通用しないため使用する場合注意が必要で、分かる人が聞けば年齢をある程度特定されてしまうため、場合によってはわからないふりをする方が良いケースも存在します。

「合点承知之助」の類語や言いかえ

「合点承知之助」の類語は、「合点承知しました」というのが同じ意味合いで、あえて2つの意味を持つ言葉を使用しないで言葉を作るものが多いです。

まとめ

「合点承知之助」は、江戸時代に生まれた言葉遊びの一つで2つの意味を持つ言葉です。

人名と了解したという合点承知が合わさることで意味を成します。

ただ、この言葉、かなり古いため、現在の人が使用することはまれで、あえてこの言葉を使用しない方も多いです。

何故なら、知っていても昭和当たりの人物になるため年齢がバレてしまうことを恐れ使用しないことが多く、知っていてもスルーをします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典