スポンサーリンク

「同一」と「共通」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「同一」と「共通」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「同一」「共通」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「同一」とは?

違いがないことです。

Aコンビニの防犯カメラに、赤い服を着た人物が映っていました。

Bコンビニの防犯カメラには、青い服を着た人物が映っていました。

服の色が違うので別の人のように思ってしまいますが、実は同じ人です。

Aコンビニに防犯カメラに映っていた人と、Bコンビニの防犯カメラに映っていた人に違いはないのです。

これは、一人の人物がAであり、同時にBでもあるということができます。

AとBはまったく同じなのです。

すべての面で違いがないことを意味している言葉です。

「同一」の使い方

まったく違いがない、差が認められないという意味で使用をします。

国内女子ツアーという日本国内で行われるゴルフツアーがあります。

このツアーは毎年のように行われており、毎年優勝選手が選ばれています。

去年優勝した選手が、同じゴルフツアーで今年も優勝したとき、「同一ツアーで優勝」などといいます。

開催されている年は違いますが、同じ国内女子ツアーです。

「共通」とは?

いくつかのものにあてはまる同じところです。

Aさん、Bさん、Cさんがいます。

この人たちは年齢も性別も違うのですが、同じ部分もあります。

たとえば、3人とも趣味が映画鑑賞なことです。

映画鑑賞が趣味という点では、違いがありません。

化粧品には、化粧水、美容液、クリームなどが同じブランドンシリーズとして販売されているものがあります。

それらの製品に「共通成分」と記載されていることがあります。

これは、どの製品にも入っている成分という意味です。

たとえば、化粧水にも、美容液にも、クリームにも、ビタミンC誘導体が入っているなどです。

化粧水、美容液、クリームでは、配合成分の濃度や用途などは異なります。

しかし、ビタミンC誘導体が入っている点では同じです。

違うところはあるけれど、同じところもある。

その同じところを指す言葉です。

「共通」の使い方

いくつかあるものにあてはまる同じものの意味で使用をします。

全部が同じなことではなく、ある部分だけ同じことを指しています。

「同一」と「共通」の違い

「同一」はAとBに違いがないことです。

全て同じことを意味しています。

「共通」はAとBに違うところはあるけれど、同じところもある、その同じところを意味しています。

「同一」の例文

・『○○選手が同一の大会で優勝する』

・『目撃されたサルは同一個体であった』

・『朝も夜も同一のメニューを提供しています』

・『同一の人物だとは思わなかった』

「共通」の例文

・『全国で共通しています』

・『共通して使うことができます』

・『共通したパターンを見つけ出す』

・『友人と共通の趣味を持っている』

まとめ

同じという意味が似ている2つの言葉ですが、すべてが同じなのか、ある部分だけが同じなのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典