スポンサーリンク

「咀嚼音」と「クチャラー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「咀嚼音」と「クチャラー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「咀嚼音」「クチャラー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「咀嚼音」とは?

「咀嚼音」とは物を食べる際、口の中でかみ砕いたり飲み込んだりする音が周囲に聞こえてしまう音を「咀嚼音」と呼びます。

この「咀嚼音」は非常に人に対して不愉快な気持ちにさせるため、「咀嚼音」を立てて食事をすることは日本ではマナー上よくありません。

「咀嚼音」の使い方

「咀嚼音」の使い方ですが、何でも物を飲み込んだり食べたりする際に発生する音を「咀嚼音」とするのではなく、不快である音に対して「咀嚼音」という呼び方で不愉快な音であることを知らせるために用います。

ただ、「咀嚼音」は意図的に音が出るように食事をする物の他、故意ではないが音があごの力の弱まりなどで口が開いて食事をしてしまうなどが原因で音が発生する場合があるため、「咀嚼音」がすることを注意しても改善されないこともあり、余計にトラブルになることもあるため、あえてこの言葉は、食事中飲み込んだりかみ砕く音が聞こえても言わないことが多いです。

「クチャラー」とは?

「クチャラー」は食べ物を食べる際、音を立てながらものを食べる人物に対して用います。

こちらは、「咀嚼音」がする人物を指す言葉であるため、人物に向けて言い放つ言葉です。

この言葉の対象となった人物はおそらく、食事中、不愉快な音を立てることで周囲の方をいらだたせたり、食事のマナーがなっていたい人物であるとされ、差別してしまうこともあるのです。

ただし、意図的に音を出した食事をする人物に対しては差別ではなく、客観的な事実を述べているのがこの「クチャラー」という言葉です。

「クチャラー」の使い方

「クチャラー」という言葉ですが、これは一種の差別用語でその理由は、対象となる人物の「咀嚼音」については個人差がある場合もあり、意図的に食事の際音を出して食事をしている可能性がないためです。

もちろん、意図的に口を開けてものを食べて周囲にその音が聞こえるよう食事をとる方もいますが、相手が意図的でなかった場合、音を立てて食事をする物というレッテルを対象に張るのがこの言葉です。

その為、意図がない人物に対して「クチャラー」という言葉で対象者を表現した場合、差別扱いになり、病気などが原因で口がうまく閉まらないなどの理由で音が出てしまう場合もあるため、ある意味では「クチャラー」という言葉は簡単に対象となる人に向けて使用してはいけないのです。

「咀嚼音」と「クチャラー」の違い

「咀嚼音」「クチャラー」の違いですが、「咀嚼音」は食事中に音を立てる行為ですが、「クチャラー」は音を立ててものを食べている人物自体を指すため違いは人物として認識し対象者を音を立てて食事をする物と決めるかそうではないかです。

その為、「クチャラー」という言葉の対象になったものは音を立てて食事をする不快な人物となり、「咀嚼音」という言葉と比較すると人物を対象としているかしてないかという違いもあるのです。

まとめ

「咀嚼音」「クチャラー」の違いですが、「咀嚼音」はあくまで食事などで発生する音で、この時点ではまだ対象者に対して不快であると示してません。

しかし、「クチャラー」という言葉に変化しますと対象者は音を立てて食事をする人となりますので「クチャラー」と言われた人物はかなり不快な音を立てて食事をしている人物であるとします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典