スポンサーリンク

「哲学」と「科学」の英語の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「哲学」と「科学」の英語の違い英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「哲学」「科学」の違い(difference)を分かりやすく説明していきます。

それでは「哲学」の英語から取り上げます。

スポンサーリンク

「哲学」の英語

「哲学」を英語にすると、「philosophy」となります。

「philosophy」「哲学」の他に、「原理」「人生哲学」「人生観」「冷静さ」「達観」などを指す英語になります。

「哲学」の英語の使い方

次は「哲学」の英語の使い方について解説していきます。

「哲学」を英語にすると、「philosophy」です。

「哲学」の他に「冷静さ」「達観」「原理」「人生観」などを指すときに使います。

使い方を見てみましょう。

「The philosophy is that everything is in harmony」(全て調和していることが哲学なんだ)

「科学」の英語

「科学」を英語にしてみますと、「science」です。

「science」「科学」の他に、「自然科学」「理科」「技」「術」などを表す単語になります。

「科学」の英語の使い方

ここでは「科学」の英語の使い方を取り上げます。

「科学」「science」となり、「科学」の他に「自然哲学」「理科」「術」「技」を指すときに使います。

使い方を書きます。

「Looking for someone who is familiar with science」(科学に精通している人物を探している)

「哲学」と「科学」の英語の違い

この項目において「哲学」「科学」の英語の違いを解説していきます。

「哲学」は英語で「philosophy」となります。

「philosophy」は、「哲学」の他には「哲学体系」「人生哲学」「人生観」「悟り」などを指しているのです。

「科学」の場合は、「science」となり、「科学」の他には、「自然科学」「理科」「術」「技」を指しております。

前者は自分の人生観や。

人生においての学びなどを指しておりますが、後者の場合は理科の授業や、科学的なことを表しているのです。

「哲学」の例文(英語)

それでは「哲学」の英語例文を書いていきます。

解説付きです。

・『Sky Warrior Philosophy』(空の戦士の哲学)
・『Humans living with philosophy are cool』(哲学を持って生きている人間はカッコイイ)

「科学」の例文(英語)

ここでも「科学」の英語例文を書きます。

解説もあります。

・『There is a science class』(理科の授業がある)
・『Very interesting to learn science』(科学を学ぶと非常に面白い)

まとめ

まとめとして「哲学」とは、「philosophy」となります。

「哲学」の他に、「人生観」「悟り」「達観」「人生哲学」「原理」などを指すときに使う英語です。

「科学」「science」です。

「science」は、「科学」の他に、「自然科学」「理科」「技」「術」を表しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
英語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典