「哲学者」と「衒学者」「思想家」の違いとは?分かりやすく解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「衒学者」とは?

「衒学者」とは、「げんがくしゃ」と読みます。

論理の形式・厳密性・正確性などに過剰にこだわるタイプで、学識をひけらかし、傲慢な態度を見せるような人物をさしています。

やはりこうした「衒学者」は、他の方からすると、ちょっととっつきにくいような感じがして、苦手だなぁといった雰囲気をかもし出しているケースも多く、独特な雰囲気を持った方が多いです。

「衒学者」というと、やはり自分の知識をひけらかすので、傲慢な態度を見せつけたりするので、けっこう他の人からすると、「衒学者」から話しを聞くのは辛いと感じる方も多いはずです。

論理の形式・厳密性・正確性などに過剰にこだわっておると面倒な人だなぁと感じとる方もいるので、周りから苦手意識を持っている方も多いです。

「哲学者」とは?

「哲学者」とは「てつがくしゃ」と読みます。

「哲学者」は、哲学の研究をしている人のことを言います。

「哲学者」とは、フィロソファーという語を意味して、「知恵を愛する者」と言われており、古代ギリシャ語のフィロソフォスに由来します。

ギリシャの思想家ピタゴラスによって導入されました。

やはり歴史あるので「哲学者」は馴染みがある言葉でしょう。

哲学を持っている方は、自分の世界観をしっかり保有していますし、周りの方にも哲学について分かりやすく説明するなど、哲学の研究者として自分なりの考えをしっかり保有している方が多いので、とても周りから一目置かれているようなケースも多々あり、かなり馴染みのある言葉となっています。

「哲学者」と「衒学者」の違い

「哲学者」「衒学者」の違いについてご紹介します。

「哲学者」は、哲学の研究をしている方を示し、「衒学者」は、論理の形式・厳密性・正確性などに過剰にこだわり、自分の知識をひけらかし、傲慢な態度をみせるようなタイプを示します。

この「哲学者」「衒学者」の違いは、文章からでも読み取れるように、やはり大きく違うのできちんと理解しておきましょう。

「衒学者」は、かなり人によっては苦手だと感じるケースも多いです。

「思想家」とは?

「思想家」とは「しそうか」と読みます。

「思想家」は、思想を深く豊かに持っていたり、思想の面において社会的影響力を持っている人を示します。

様々な思想・考えに関する問題を研究していますし、学び・考察・熟考など、問うて答えるために、自分の知性を使おうと試みる人のことを表しているので、やはり社会的に大きく影響を与える「思想家」の方もいらっしゃるのも事実です。

「思想家」と「哲学者」の違い

「思想家」「哲学者」の違いについてご説明します。

「思想家」は、自分なりの知性において思想を深く豊かに持っているので、その考えにそって行動してみるなど、かなり社会的にも影響があると言えます。

「哲学者」は、哲学の研究をしている方なので、自分で哲学の勉強をしたことにより考えを持ち、そしてその分野において素晴らしい知性を発揮していることがわかります。

この違いを理解することができるでしょう。

「哲学者」の英語

「哲学者」の英語について、“Philosopher”“a philosopher”と表現します。

例文・解釈など、ご紹介します。

“play the philosopher”

「哲学者ぶる」という意味です。

「哲学者」っぽい振る舞いをするような態度を意味しているので、そういう時に表現する映画です。

「衒学者」の英語

「衒学者」の英語については、“Pedagogue”“a pedant”と表現します。

例文・解釈など、ご紹介します。

“scholastically apt”

「衒学者にしやすいです」という意味です。

「衒学者」として表現できるような印象を与えている様子を把握できるでしょう。

「思想家」の英語

「思想家」の英語については、“Thinker”“a person who is a thinker”と表現します。

例文・解釈など、ご紹介します。

“a clear thinker”

「頭の良い思想家」という意味です。

「思想家」のタイプも様々で、この英語で表現されている「思想家」は頭が良いということがよく分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典