「唯々」と「只々」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「唯々」と「只々」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「唯々」「只々」の違いを分かりやすく説明していきます。

「唯々」とは?

「唯々」の意味と使い方について紹介します。

「唯々」の意味

「唯々」は読み方により意味が違います。

「いい」と読む場合、「他人に逆らわずに言いなりになる様子のこと」という意味です。

「ただただ」と読む場合、「ひたすら、もっぱらなど、同意を表す言葉」という意味です。

「唯々」の使い方

「唯々」は、読み方と意味が2つある言葉です。

「いい」と読む場合、形容動詞として「唯唯と従う」と使い、「他人の意見に少しも逆らわずに従うこと」という意味です。

同じ様な意味で「唯唯諾諾・唯々諾々」という言葉がありますが、こちらは「はいはいと言いなりになること」とで、「唯唯」よりも伝わり易いので使われることが多くなっています。

「唯」「はい」と応答する言葉を表し、「唯唯」「はいはい」という意味になります。

「ただただ」と読む場合、副詞として使われ、「ただ」を強める言葉として「ひたすら」「もっぱら」という意味です。

「唯々みごとである」など、感服している時の表現で、「只々」と同じ意味になります。

「只々」とは?

「只々」の意味と使い方について紹介します。

「只々」の意味

「只々」「ただただ」と読みます。

意味は「ただ」を強調する言葉で、「ひたすら」「もっぱら」になります。

「只々」の使い方

「只々」は、副詞として使われ「ひたすら」「もっぱら」など、後ろに続く言葉を強調する意味があります。

例えば「只々感謝するばかりです」など、「本当にそう思っています」「とにかくそう思っています」という気持ちを強調する時に使われ、「ばかりです」「だけです」などが続きます。

但し、日常会話で使うとしつこいと思われるので、相手やシーンを選びましょう。

「ただただ」には「唯々」という表現もありますが、「唯」は元々「ただ」とは読まないので、「只々」蛾遣われることが多くなります。

「唯々」と「只々」の違い!

「唯々」「いい」と読む場合は「他人に逆らわずに言いなりになる様子のこと」「ただただ」と読む場合、「ひたすら、もっぱらなど、同意を表す言葉」です。

「只々」「ひたすら、もっぱらなど、同意を表す言葉」です。

まとめ

今回は「唯々」「只々」の違いをお伝えしました。

「唯々は読み方により意味が違う」「只々はひたすら」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典