「商圏」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「商圏」

ビジネス業界においては、今まで取り組んだことのない新規分野に進出しようと考えるなら、必ずマーケットリサーチ、すなわち市場調査というものが重要になってきます。

どのような分野の市場が有望なのか、どの程度の規模が見込めるのかなど、様々な観点から調査を行います。

取り分け流通業界や飲食業界では、市場調査とともに「商圏」という考え方も、重要な項目です。

では、この「商圏」とは、一体どのような考え方なのでしょうか?

「商圏」の意味

「商圏」とは、「店舗に集客できる範囲やエリア」のことを指しています。

「商圏」の範囲を色々な条件や観点から設定することによって、その「商圏」における人口、マーケットの規模、消費者の好みや嗜好傾向や競合他社の状況など、その地域の特性を浮き彫りにすることができるのです。

「商圏」の言葉の使い方

「商圏」という言葉を使う場面としては、マーケットリサーチの時に使われることが多いのですが、主に新規出店の企画・検討段階で、対象のなる地域分析の際に使われることになります。

「商圏」を使った例文・短文(解釈)

では、ここで「商圏」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「商圏」の例文1

「商圏を分析することで、新たな出店の立地分析だけでなく、閉店・撤退、既存店の傾向分析や競合店の動向分析など、フランチャイズ展開するための戦略立案や販売費見込みの予測も可能になってきます」

このように、対象となる「商圏」の分析は、自店の生き残りのために必要不可欠な分析です。

また、最近では商圏分析ソフトを用いて、候補となる地域の周辺人口、世帯数などを集計し商圏の有望性を調査することができるようになってきました。

スピーディーな可否判断が求められる時代にあっては、このようにITを駆使した手法も当たり前になってきています。

「商圏」の例文2

「商圏分析を行うことによって、折込チラシやポスティング、DMなどの販促エリアが明確になってきます」

前出しの商圏分析ソフトを活用すると、その商圏における世帯状況など様々なデータをマップ上にプロットすることができ、チラシやポスティングの配布エリアの効果的な分析につながるのです。

その結果は、販促計画から高効率の施策展開、チラシのレスポンス分析などでも使用されますので、情報を駆使した「商圏」分析は、新規出店においては必須の項目となってきます。

「商圏」の例文3

「商圏エリアとは、店舗に集客できる範囲のことですが、その範囲でも集客力が均一とは限りません」

集客力の度合いで、1次商圏、2次商圏、3次商圏というカテゴリーに分けて見ていくことがあります。

1次商圏とは、来店顧客の50〜60%程度の占める範囲でエリア設定をしますが、同じように考え方で、2次商圏を20〜30%程度の顧客で設定、3次商圏を1次、2次商圏以外の範囲として設定をすることで、「商圏別」施策の実施も個別に打つことができるようになります。

「商圏」の例文4

「店舗で事業を営む場合に成否を分ける大きなポイントは、場所と商圏となります」

店舗型の飲食店を新たに進めるためには、この「商圏」という考え方をしっかりと受け止めて分析することがとても重要になってきます。

飲食店経営においては、近隣の駅や企業、商業施設などの利用をする人の動向をしっかりと分析して把握しておく必要があります。

その調査や分析を行うことを、「商圏」調査と呼んでいますが、主な「商圏」調査としては、人口特性調査、交通量・通行量調査、立地調査、施設調査、導線調査などの「商圏」調査が挙げられます。

このようなことをリサーチして収集した膨大なデータを元に、どのように出店するかを打ち出していくことになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典