スポンサーリンク

「商機」と「勝機」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「商機」と「勝機」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「商機」「勝機」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「商機」とは?

「商機」は商売上、勝てる見込みがあることや商売で得をする機会を得ることをさします。

機会を得ることをさすため、「商機」はビジネスを拡大するなどに用います。

「商機」の使い方

「商機」はビジネスを対象に、商売で繁盛する機会を得ることや得たことをさします。

また、商売で繁盛することを逃した場合も「商機」を逃すとすることで運悪く、商売で繁盛売る機会を逃したとすることが可能です。

「勝機」とは?

「勝機」は勝てる機会を得ることをさします。

ここでいう勝てる機会とは何でも対象とするため、競馬のようなかけ事だったり、勉学で他社に差をつけることだったりと様々なことです。

様々な物事の価値に使う言葉であるため、「商機を逃す」とすることで運悪く勝てる勝負に負けたことをさすことが可能です。

「勝機」の使い方

「勝機」の使い方ですが、勝負ごとに用いることができ、勝ち負けを分ける明暗であることを表現する場合に、「勝機がある、ない」とすることで勝敗に運があるかのように記すことができます。

「商機」と「勝機」の違い

「商機」は商売で成功を収めることを意味しますが、「勝機」は勝つという行為そのものをさしますので、違いは商売で勝つか、勝負そのもので勝つかの違いです。

「商機」の例文

・『商機を逃す』
この例は、商売で勝てる運気を逃したという例文です。

「商売」限定で機械を逃したとしたい場合、「商機」とします。

・『商機はこちらにある』
この例は、おそらくライバル店と競い合い、どちらの商売の流れがあるかという例です。

こちらにあるという側に商売の運気があるということです。

「勝機」の例文

・『勝機を逃す』
この例は、勝てる見込みがあったが運が悪く勝負に負けたという例です。

「勝機」は勝負ごとに用いるため、この場合「勝機」を用い「商機」「昇機」はもちいません。

・『勝機はこちらにあり』
この例は、勝ちの流れがこちら側にあるという例です。

あくまで流れがあるというだけですので実際に勝つかどうかはわからないです。

まとめ

「商機」「勝機」の違いですが、商売で勝つ見込みか、勝負事すべてで勝つ見込みがあるかどうかが違いになります。

つまり、対象となるものが、商売のみかすべての勝負ことで機械を得ることであるかという違いです。

いずれも、機会を得ることであることには変わりがないので、「しょう」の部分が「商」であるか、「勝」であるかをきちんと把握することが重要です。

その他にも「昇機」という言葉がありますが、この言葉は、上昇傾向にある成長期であるものをさします。

つまり、会社などが成長している場合、「昇機」とすることで成長し続けていることを示すのです。

「しょうき」「商機」は商売に勝つ機会を得ること、「勝機」は勝つことのみの機会を得ること「昇機」は成長し続ける兆しがあることと分けて考えるとよいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典