「問題を解く」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「問題を解く」

問題を解くという表現は誰もが今まで1度は使ったことがある表現なのではないでしょうか。

問題というのは解決を求める問いや試験などの問いを表しており、批判や論争、研究等の対象になる場合もあります。

そして解くというのは解決するという意味があり、問題を解くという表現は解決を求める問いを解決するという意味になるのです。

ここではこの問題を解くという表現について紹介します。

「問題を解く」の意味

問題を解くという表現は主に試験で使われることが多い。

高校や大学受験をする時、入学試験を受けなければいけませんよね。

その時、試験問題を解かなければいけません。

試験問題を解くときに問題を解くという表現を用います。

国語や数学、社会や理科、英語などの試験問題を解いて合格点を目指さなければいけません。

「問題を解く」の言葉の使い方

問題を解くという言葉が使われるときには実際に問題を解くという行為そのものを指すこともありますし、問題を解く上での注意事項が述べられる場合もあります。

例えば、不正行為について気をつけなさいという指摘がなされる場合もありますし、問題を解くときの諸注意が述べられる場合もあります。

机の上には筆記用具以外出してはいけない、周りを見回してはいけない、などといった所注意が受験生に言い渡されます。

「問題を解く」を使った例文・短文(解釈)

それならば、問題を解くという表現は一体どのような文脈で使われるのでしょうか。

ここでは問題を解くという言葉を利用した例文について紹介します。

「問題を解く」の例文1

「あの高校の問題は難しかったけれど、何とか時間内に問題を解いたよ」

受験をするときは試験問題を解かなければいけないケースがほとんどです。

そしてレベルが高ければ高いほど、時間内になかなか終わらないような試験問題を解かなければいけないこともあるでしょう。

しかし、空白のまま提出してしまったら非常にもったいないです。

間違いを書いたからといって減点されるわけではないのですから、とにかく全部埋めなければもったいないですよね。

何か書いておけばどれかまぐれであっても当たるかもしれません。

そのため、時間内に全て書き上げるということが大切です。

「問題を解く」の例文2

「今回のクロスワードは難しかった。かなり時間をかけて問題を解いたよ」

問題を解くという言葉を使う場合、その問題は試験問題だけを指すわけではありません。

例えば新聞などに掲載されているクロスワードパズルなども問題を解くという表現ができます。

クロスワードパズルは好きだという人もいるかもしれませんね。

それ以外にも数独が好きだという人もいるのではないでしょうか。

このようなクイズも問題を解くという表現で表せます。

「問題を解く」の例文3

「今回の問題集はかなり簡単だった。簡単に問題を解けたよ」

受験生の中には試験のために問題集や参考書を購入する人もいるのではないでしょうか。

問題集や参考書の中にはかなりレベルが高いものもありますが、比較的易しいものもありますよね。

そのような問題集や参考書であれば比較的簡単に問題が解けるという人もいるのではないでしょうか。

「問題を解く」という表現は「問題が解ける」という言い回しで使われることもあります。

「問題を解く」の例文4

「英検の試験がかなり難しかった。問題を解くのに時間がかかったよ」

英検など、検定や資格のための試験も同様に問題を解くという言い回しが使えます。

英検等はレベルが上がれば上がるほど試験が難しくなりますので、難しいと感じる人もいるかもしれませんね。

それなりに時間がかかったという人もいるのではないでしょうか。

しかし、これも入学試験同様、とりあえず全部埋めるということを考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典