スポンサーリンク

「営利法人」と「非営利法人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「営利法人」と「非営利法人」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

世の中には色々な法人がありますが、その形態として特徴的なものには「営利法人」「非営利法人」があります。

この記事では、「営利法人」「非営利法人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「営利法人」とは?

「営利法人」とは営利を得るために活動する法人のことを表すものであり、よく知られているものとしては株式会社があります。

その他にも合資会社、合同会社などがあり、事業で取得した利益は通常構成するメンバーに分配されます。

例えば株式会社の場合は事業で得た利益は、構成員である株主に対して行われるものでありこれは配当と言われています。

また株式会社ではこれ以外にも社員がおりこちらはお給料という形で分配がなされます。

その他にも会社の形態によって構成する人員が異なることがありますが、共通しているのは利益の分配という仕組みなのです。

「非営利法人」とは?

「非営利法人」とは上述の「営利法人」とは対照的な法人であり、こちらは事業で取得した利益を構成する人員に分配しないという特徴があります。

これらの事業で取得した利益は構成する人員ではなくその法人の目的や社会貢貢献に対して使われるという点が異なります。

「非営利法人」は様々な法人がそれぞれの目的に基づいて活動しています。

代表的なものとしては 一般社団法人、一般財団法人、学校法人、医療法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人などがあります。

これらの法人はそれぞれの目的や社会貢献の目標を持っており、これを達成するために活動しているのが特徴です。

よく誤解されがちな点としては、ボランティアなどが構成メンバーとして活動しているので「非営利法人」は利益を全く得てはいけないというものがあります。

これは誤りであり、「非営利法人」でも色々な活動や事業によって利益を得ており、これを構成メンバーに分配するのではなく法人の目的にのみ使うという仕組みになっているのです。

「営利法人」と「非営利法人」の違い

「営利法人」「非営利法人」も事業して利益を得るのは共通ですが、これを構成する人員に分配するのが「営利法人」であり、反対に分配することを一切しないのが「非営利法人」です。

「営利法人」の例文

・『営利法人であるその会社は、夏に大きなボーナスが出ることで有名だ』
・『営利法人の構成員は株主も含まれており、配当金が支払われるのが当たり前です』

「非営利法人」の例文

・『学校や病院は非営利法人であり、それぞれの社会貢献のために活動している』
・『特定非営利活動法人で今年から仕事をすることになりました』

まとめ

「営利法人」が株主や社員に対して利益を分配するのはよく知られていることですが、「非営利法人」に関してはその利益を分配することを一切禁止している点はあまり知られていません。

社会貢献という大きな目標を掲げている「非営利法人」は、その目的のために利益を使う仕組みになっており、このおかげで我々の生活が豊かになっているのです。

よく利益を得てはいけないと勘違いされるのが「非営利法人」ですが、それは誤りであり得た利益の使い道が「営利法人」と対照的なのです。

「非営利法人」はそれぞれの目的や社会貢献のために利益を使うのであり、それとは別に一般的なお給料はしっかりと支払われる仕組みとなっています。

会社のための利益という点と社会に対する利益という点が異なるものであり、どちらも私たちの生活に深く関わっているのがこれらの法人なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典