スポンサーリンク

「嘲笑」と「失笑」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「嘲笑」と「失笑」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「嘲笑」「失笑」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「嘲笑」とは?

「嘲笑」とは、あざ笑うことを言います。

相手を見下したり、馬鹿にして笑うことです。

つまり相手に面と向かって「嘲笑」するということはとても失礼なことで、馬鹿にしているも同然ということになります。

「世間の嘲笑を浴びて、すっかり嫌になり引退を決めた」「あんな風に人を嘲笑するとは、彼も随分と性格が悪くなったものだ」などと使います。

「失笑」とは?

「失笑」とは「しっしょう」と読みます。

意味は、おかしいことを我慢できずに、吹き出すことを言います。

よく使われる言い回しに「失笑を買う」という言葉があります。

これは、人から笑われる対象となること、また「失笑される」という意味です。

「一生懸命、語ったのに、失笑を買うだけに終わった」「思わず、失笑してしまい彼女を怒らせてしまった」「駄目だとは思ったが、つい失笑してしまった」などと、使います。

「嘲笑」と「失笑」の違い!

「嘲笑」「失笑」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「笑う」という意味では共通していますが、その笑いの内容がまったく違います。

混同しないように気をつけて使ってください。

「嘲笑」とは、人を見下したり、馬鹿にした笑いのことを言います。

つまりいい意味では使いません。

「嘲笑する」のは、人を馬鹿にするようなことでいい性格とは言えません。

また「嘲笑される」ことは相手から見下されているということで、腹が立つことでもあります。

情けない、馬鹿馬鹿しいとされる行動をとると「嘲笑」の対象となることもあります。

一方の「失笑」とはおかしさを我慢できずに、吹き出してしまうことを言います。

笑ってはならないと思ってもつい笑い声が出てしまう、そのような状態が「失笑」なのです。

まとめますと「嘲笑とは人をあざ笑うこと」「失笑とは我慢できずに笑ってしまうこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「嘲笑」「失笑」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

まったく意味が違いますので、それぞれの言葉の意味を正しく理解して、間違えて使わないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典