「困難を乗り越える」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「困難を乗り越える」

困難を乗り越えるというのは苦難に負けず前進すること、克服すること、苦難を超克すること、などという意味があります。

苦難に負けず前進することという意味では打ち勝つ、克服する、逆境をはねのける、などといったと類義語があります。

問題を抱えて苦しんでいた状況から抜け出すことという意味では困難を乗り切る、苦難を克服する、などといった類義語があります。

「困難を乗り越える」の意味

困難を乗り越えるという表現には難しい状況を抜け出すこと、そして大変な状況にも負けずに前進すること、という意味があります。

人生には様々な困難がありますが、それを乗り切って前に進んでいかなければいけません。

そのような時にも困難を乗り切るという表現が使えます。

「困難を乗り越える」の言葉の使い方

困難が降りかかってくるのは漠然とした人生のみならず、学校や職場、自治会等においても同様です。

例えば学校では勉強して試験を乗り切らなければいけませんし、コンクールなどで優勝するために友達と努力をすることもあるでしょう。

職場ではプロジェクトなどを成功するために同僚と力を合わせて働かなければいけません。

自治会でもイベントなどに向けて準備をしたりしなければいけない時がありますね。

そのような状況において困難を乗り越えるという表現を使うことができます。

「困難を乗り越える」を使った例文・短文(解釈)

それならば、困難を乗り越えるといった文章にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは困難を乗り越えるという表現を使った例文をいくつか紹介します。

「困難を乗り越える」の例文1

「彼女は高校生の時に母親をなくして大変な思いをしたけれど、その困難を乗り越えて医者になった」

若いうちに親をなくした非常に大変ですよね。

高校生と言えばまだまだお母さんの助けが必要な時なのではないでしょうか。

また、大学受験という困難を目前にし、支えが欲しいと思う時もあるでしょう。

しかし、そのような困難を乗り越えて大学に合格し、一生懸命勉強して一緒になったのであれば、まさしく困難を乗り越えたということができます。

「困難を乗り越える」の例文2

「彼女は離婚という困難を乗り越えた。シングルマザーとして子供2人を立派に育てあげたよ」

最近では離婚率が上がっているとも言われています。

女性が社会で働くようになり、性格の不一致が起こったり、生活時間が合わずに不仲になってしまったり、という問題が起こっているのです。

また、そのような時、子供はどちらかの親が引き取らなければいけません。

シングルマザーだから、シングルマザーだから、という理由は通用しないのです。

特にシングルマザーが女手一つで子供を育てるという事はなかなか大変ですが、それでもお母さんが一生懸命働いて子供を大学に生かせるということもあります。

それはまさに困難を乗り越えたと言えるでしょう。

「困難を乗り越える」の例文3

「息子夫婦は去年、自然災害にあって避難生活を余儀なくされたけれど、困難を乗り越えて今は幸せに暮らしている」

温暖化の影響もあり、最近は自然災害が多いと言われていますね。

台風も多くなりましたし、夏の気温も上がっています。

また、日本は地震大国ですから自身の問題も相次いでおり、自然災害によって避難しなければいけなくなったという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

避難生活は決して簡単なものではありませんし、もしも仮設住宅等での生活をしなければならなくなった場合、くじけてしまう人もいるかもしれません。

しかしそのような時もこんなに乗り越え、前進していかなければいけないのです。

「困難を乗り越える」の例文4

「うちの子は転校という困難を乗り越え、友達をたくさん作っている」

子供にとっては転校は簡単なことではありません。

子供の世界はまだ狭いですから、その世界全体が変わってしまうということになります。

しかしそのような状況であっても困難を乗り越え、友達をたくさん作る子供もたくさんいるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典