スポンサーリンク

「場所」と「居場所」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「場所」と「居場所」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「場所」「居場所」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いと使い方を把握して、ご自分で活用できる場面がありましたら是非とも役立ててください。

スポンサーリンク

「場所」とは?

最初に「場所」の意味についてご説明致します。

「場所」の意味としては、自分が認識している土地や所を指しております。

また、人がいる場合や、物が置いてある場合の所を指す意味合いでも使われますので、是非とも把握しておいてください。

「居場所」とは?

次は「居場所」の意味について解説していきます。

「居場所」の意味とは、単純な意味としては人がいるところです。

今、あなたがこの記事を読んでいるところも、「居場所」となります。

また、もうひとつの意味としては、心の拠り所や自分の能力を発揮できる場所を意味しておりますので、是非とも把握してください。

「場所」と「居場所」の違い

ここの項目では「場所」「居場所」の違いを解説します。

「場所」「居場所」の違いについては、上の2つの意味を照らし合わせてみてください。

すると違いや使い方までが、見えてくるはずです。

「場所」というのは、自分が認識している土地や、人がいる場合や、物が存在している場所を指しております。

「居場所」というのは、単純に人がいる場所を指す場合もありますし、心の拠り所や力を発揮できる場所の事を意味していますので、覚えておいてください。

「場所」と「居場所」の使い方

ここで「場所」「居場所」の使い方も見ていきましょう。

前者の使い方としては、「あの場所は昔から、変わらないなぁと言っていた~」という使い方が分かりやすいでしょう。

後者の場合は、「僕は職場に居場所を見つけたので~」という使い方はイメージが沸きやすいはずです。

以上が「場所」「居場所」の使い方になりますので、把握して利用してみてください。

「場所」を使った例文

ここでは「場所」を使った例文を書いていきます。

・『指定された場所へ向かっている最中だ』
・『あの場所は非常に汚いので、行きたくない』
・『倉庫の場所が変わったそうだ』
・『場所を変えないと言っていた』
・『あの場所は人が大勢いるのでコロナ感染が懸念される』
以上が「場所」を使った例文になりますので、参考にしてください。

「居場所」を使った例文

ここの項目にて「居場所」を使った例文を書きます。

・『僕の居場所はなくなった』
・『彼の居場所を確保してあげたい』
・『音信不通であり居場所が全く分からない』
・『居場所が分かっても交流することはないだろう』
・『職場に居場所を見つけたので、頑張っている』
以上が「居場所」を使った例文です。

参考にして是非とも活用してみてください。

「まとめ」

まとめとして、「場所」というのは人のいる場所や物がある場所、そして、自分が認識している土地等を指す時に使います。

そして、「居場所」というのは、単純に人がいる場所と、自分の力や能力を発揮できる所を指しております。

以上がまとめとなりますので、参考にして使い分けてみてください

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典