「売り切れ」と「品切れ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「売り切れ」と「品切れ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「売り切れ」「品切れ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「売り切れ」とは?

「売り切れ」の意味と使い方について紹介します。

「売り切れ」の意味

「売り切れ」「うりきれ」と読みます。

意味は「売り場の商品が全て売れてしまうこと」です。

「売り切れ」の使い方

「売り切れ」は、ある商品がお店に全くなくなってしまう状態を言います。

売り場だけではなく、倉庫にもないので、品出しができません。

「品切れ」とほぼ同じ意味ですが、「売り切れ」の場合は、その商品が人気で、入荷してもすぐに売れてしまう状態に使われることが多くなります。

元から少なめに仕入れたり、仕入れミスなどにより商品が足りなくなってしまうのではなく、一定量仕入れても売れ行きが良くて完売してしまったことを表します。

「品切れ」とは?

「品切れ」の意味と使い方について紹介します。

「品切れ」の意味

「品切れ」「しなぎれ」と読みます。

意味は「商品がすっかり売れて在庫がなくなること」です。

「品切れ」の使い方

「品切れ」は、ある商品がすっかり売れてしまい、売り場になくなり、しかも在庫もない状態を言います。

こちらの場合、仕入れたものがすぐに売れてなくなってしまったことの他に、品薄や仕入れミスなどにより商品が入荷できない時に使われることもあります。

特に品薄の場合全国的に需要が高まるので。

工場での生産が追い付かず、店頭で「品切れ」の状態が長く続きます。

人気商品の場合、まず「売り切れ」になり、その後「品切れ」になるというのが一般的です。

「売り切れ」と「品切れ」の違い!

「売り切れ」「売り場の商品が全て売れてしまうこと」です。

「品切れ」「商品がすっかり売れて在庫がなくなること」です。

まとめ

今回は「売り切れ」「品切れ」の違いをお伝えしました。

「売り切れは全て売れた状態を表す」「品切れは在庫までない状態を表す」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典