スポンサーリンク

「変革型リーダーシップ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「変革型リーダーシップ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先の見えない時代に最も必要だとされる「変革型リーダーシップ」とはどのようなものなのでしょうか。

今回は、「変革型リーダーシップ」の意味と類語について解説します。

スポンサーリンク

「変革型リーダーシップ」とは?意味

「変革型リーダーシップ」とは、「生き残りのために組織を柔軟に変化させられるリーダーシップ」という意味の言葉です。

「変革型リーダーシップ」の概要

組織運営には優秀なリーダーシップが必要だと言われますが、一口にリーダーシップと言ってもスタイルはさまざまです。

従業員に愛されるマスコットキャラクター型のリーダーや合理性と実績を追求する軍人型のリーダー、問題の発見と改善に力を発揮する研究者型のリーダーから圧倒的な実力で人を引きつけるカリスマ型のリーダーまでどのような方法でリーダーシップを発揮するかは人により大きく異なります。

数あるリーダーのタイプの中でも「時代の変化に合わせて最適な形になるよう組織を変革し導いていけるリーダーシップ」「変革型リーダーシップ」です。

「変革型リーダーシップ」は時代が大きく変わる時期や生き残りをかけて競争が激しい業界などで特に求められる才能です。

今現在それなりに実績が出ている組織というのは現状に甘えてしまいがちでどうしても変化に及び腰です。

リスクをとらなくてはいけないとわかっていてもなかなか一歩が踏み出せないというのはどこの組織でも見られる問題ですが、そのような状況にあって変化を渋る一太刀を導き積極的に変革を進めていけるような種類のリーダーを評して「変革型リーダーシップ」があると表現します。

「変革型リーダーシップ」は現状の問題を改善しつつ将来の利益につながる施策や戦略を積極的に採用します。

口で言うのは簡単ですが守旧派を説得しながら新しいことを導入しかつ実績を出していくというのは難問です。

正確な現状分析と的確な将来展望が必須なのは当然ですが、それに加えて意思決定で主導権をとるためにはいわゆる抵抗勢力に対する配慮や気遣いも求められます。

強引に変革を進めれば必ず歪が出てしまうため将来に対する展望と同時にこれまで培ってきた実績など守旧派が何を大切にしどこにこだわっているのかに対する理解がなければ変革は勧められません。

ただ単に強引に変化を進めるのではなく、組織全員が一丸となって将来のために努力しようと思える環境を作り出すのが本当の意味での「変革型リーダーシップ」です。

「変革型リーダーシップ」の言葉の使い方や使われ方

・『苦しい時代だからこそ変革型リーダーシップが求められている』
・『ただ強引なだけでは変革型リーダーシップとは言えない』
・『変革型リーダーシップを発揮して現状に甘んじている社員の意識改革を勧める』
・『古いものを切り捨てるだけが変革型リーダーシップではない』

「変革型リーダーシップ」の類語や言いかえ

・積極型リーダーシップ
「積極的に行動して影響力を行使していく種類のリーダーシップ」という意味の言葉です。

積極的に組織に関わっていこうとする「変革型リーダーシップ」とよく似た表現でより良い組織にしようと積極的に行動するリーダーを指します。

・やり手
「物事を巧みにこなし実績を出している人」を指す言葉です。

優れた能力を発揮し新しいことにも果敢に挑戦する人に対して使われる言葉で「変革型リーダーシップ」と能力面で親しい表現です。

まとめ

「変革型リーダーシップ」は主にビジネス方面でよく使われる言葉です。

具体的な意味はあいまいな部分も多く使う人によって微妙に異なる意味で使われることもあるので注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典