スポンサーリンク

「夕間暮れ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夕間暮れ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夕間暮れ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夕間暮れ」とは?意味

夕方の薄暗いことや、その時間のことです。

日の沈むころが夕方です。

太陽が昇る時間、沈む時間は季節によって異なり、夕方と呼ぶ時間は季節によって異なります。

しかし、気象庁では15時から18時ごろを夕方としています。

この時間帯は夏だとまだ明るいですが、12月の終わりごろの場合だと薄暗かったり、真っ暗だったりします。

「夕間暮れ」の概要

日が沈むころになるとあたりが薄暗くなります。

その薄暗いことや、その時間帯を意味する言葉です。

雨や曇りで薄暗いことではありません。

太陽が沈んでくるとあたりが赤くみえます。

これは、太陽の光が地上に到達するまでの距離が関係しています。

日中、太陽が高い位置にあるときと、日が沈むころでは、日が沈むころの方が太陽から地上までの距離が長くなります。

太陽の光には、赤、青、緑などの色が含まれており、それぞれ波長が異なり、届く距離や散らばりやすさが異なります。

青い光は空気中のちりや水蒸気などによって散らばりやすく、日が傾いてきたころになると地上にいる人間の目には届きにくくなります。

赤い光は青い光に比べて空気の層を通りやすいです。

青い光が届く量が少なくなり、赤い光は届くため、夕方ころになるとあたりが赤く見えるのです。

そして、さらに日が沈むとあたりが薄暗くなります。

このさまを「夕間暮れ」といいます。

人間が物をみることができるのは、目に光が到達するからです。

物質にあたった光が反射をして網膜に届き、その刺激が神経を伝わって脳に届き、脳が処理をすることで物を認識しています。

薄暗いときは光が少なく、周囲のものが見えにくいです。

一般的な企業に勤めている人だと、このくらいの時間帯に帰宅をします。

仕事終わりにジムや習い事に行く人もいます。

家庭で料理を作ることを任されている人なら、このくらいの時間帯に食事の準備をしはじめることでしょう。

外で遊んでいた子供たちは家に帰る時間です。

「夕間暮れ」の言葉の使い方や使われ方

日が沈むころの薄暗いことや、その時間を指して使用する言葉です。

日常生活でこの言葉を使うことは少ないです。

「夕間暮れ」の類語や言いかえ

類語はありませんが、強いていえば「日が沈んで暗い」です。

雨や曇りで太陽が顔を見せておらず、そのために薄暗いことではありません。

日が沈んで地上に届く太陽の光の量が少なくなったために、薄暗くなっていることです。

完全に日が沈んでしまったことでもありません。

完全に日が沈むと薄暗いではなく、真っ暗になります。

薄暗い状態なら電灯などを使わなくても何とか見えることがありますが、真っ暗だと電灯などがないと周囲を見ることが難しいです。

まとめ

日が沈むのはあっという間です。

そのため、この言葉が指す状態は1日の中でごくわずかです。

日常会話ではあまり使われない言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典