「多数決」と「過半数」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「多数決」と「過半数」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「多数決」「過半数」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「多数決」とは?

「多数決(たすうけつ)」とは、「多数派(過半数)の意見を採用するという、集団において物事を決める際の決定ルールの一つ」を意味している言葉です。

「多数決」という表現は、「ある集団の意思決定において、集団構成員の過半数の意見をその集団の意思と見なすやり方」のことを意味しています。

例えば、「誰が委員長にふさわしいのか、クラスの多数決で決めることにしました」などの文章で使用できます。

「過半数」とは?

「過半数(かはんすう)」とは、「ある集団において、全体の人数の半数以上を占める状態・多数」のことを意味している言葉です。

また「過半数」の表現は、「その集団における全体(全員)の半数以上を占める意見を採用する多数決の方法」を意味しています。

例えば、「この意見に賛成の人が過半数にのぼりました」「過半数の賛同が得られたので、この議案を可決します」といった例文で使われます。

「多数決」と「過半数」の違い!

「多数決」「過半数」の違いを、分かりやすく解説します。

「多数決」「過半数」「集団における意思決定の方法に関連する言葉」としての意味合いを持っていますが、「多数決」というのは「ある集団の意思決定の方法そのもの」を意味しています。

「多数決」に対して「過半数」という表現は、「ある集団の意思決定の方法そのもの」の意味合いもありますが、一般的な用法では「集団全体の人数の半数以上を占めている状態、半数以上を占めている多数」を意味しているという違いがあります。

そのため、「この提案を採用するかどうかについて多数決で決めましょう」の文章では「過半数」よりも「集団的な意思決定の方法自体」を示す「多数決」のほうが、より適切な表現になる違いを指摘できます。

まとめ

「多数決」「過半数」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「多数決」とは「ある集団において意思決定する時に、採決をして多数派の意見を採用する方法」を意味していて、「過半数」「全体の人数の半数以上を占める多数・全体の半数以上を占める意見に決める多数決のやり方」を意味している違いがあります。

「多数決」「過半数」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典