スポンサーリンク

「多目的トイレ」と「多機能トイレ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「多目的トイレ」と「多機能トイレ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「多目的トイレ」「多機能トイレ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「多目的トイレ」とは?

「多目的トイレ(たもくてきといれ)」とは、「車椅子の使用者・オストメイト(ストーマ装着者)・乳幼児連れの人などが利用しやすいようにした機能性と広い空間のあるトイレ」を意味しています。

「多目的トイレ」「一般的なトイレでは排泄をしづらい(できない)人の使い方に注目した表現」ですが、「排泄以外の不適切な目的で使用しても良いとの誤解」を招くこともあることから、「多機能トイレ」のほうが適切な呼び方とする考え方もあります。

「多機能トイレ」とは?

「多機能トイレ(たきのうといれ)」とは、「車椅子に乗っている人・ストーマ使用者・子供連れの人などが利用できる様々な機能や広い空間を備えたトイレ」を意味しています。

「多機能トイレ」は、「一般的なトイレでは排泄をしづらい(できない)人でも排泄しやすいようにした機能面に着目した表現」になっています。

現在では「多目的トイレ」よりも「多機能トイレ」のほうが、適切な表現(不適切なトイレの使い方を認めるような誤解を招かない呼び方)であるとする考え方も増えています。

「多目的トイレ」と「多機能トイレ」の違い!

「多目的トイレ」「多機能トイレ」の違いを、分かりやすく解説します。

「多目的トイレ」「多機能トイレ」はどちらも「一般的なトイレでは排泄できない人たちでも使えるような様々な機能を備えたトイレ」を意味していて、両者に基本的な意味の違いはありません。

「多目的トイレ」「多機能トイレ」も、「車椅子に乗っている人・オストメイト(人工肛門装着者)・子供連れの人などが利用できる様々な機能を備えた広い空間のトイレ」を意味しています。

ただし、排泄以外の目的で使っても良いと誤解を生みやすい「多目的トイレ」より「多機能トイレ」のほうが適切な表現という違いはあります。

「多目的トイレ」とは「人のトイレ(トイレ空間)の使い方に注目した表現」であり、「多機能トイレ」とは「トイレの機能に着目した表現」なのです。

まとめ

「多目的トイレ」「多機能トイレ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「多目的トイレ」とは「車椅子の使用者・ストーマ使用者・乳幼児連れの人などが利用しやすいようにしたトイレ・そのトイレの人の使い方に着目した表現」を意味していて、「多機能トイレ」「車椅子の使用者・ストーマ使用者・乳幼児連れの人などが利用できる様々な機能を備えたトイレ・そのトイレの機能面に着目した表現」を意味している違いがあります。

「多目的トイレ」「多機能トイレ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典