スポンサーリンク

「夜中」と「深夜」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夜中」と「深夜」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夜中」「深夜」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夜中」とは?

「夜中(よなか)」とは、「夜の時間帯の半ば・夜の時間帯の最中(さいちゅう)・夜更け」を意味している言葉になります。

「夜中」という言葉が大体どのくらいの時間帯を意味していると感じるのかについて、NHK放送文化研究所が全国調査を実施しています。

そのNHK放送文化研究所の調査結果を平均すると「夜中」「午後11時台~午前2時台」を意味していると考える人が多かったのです。

「深夜」とは?

「深夜(しんや)」とは、「夜の遅い時間帯・夜が深まっている時間帯・夜更け」を意味している表現です。

NHK放送文化研究所が実施した全国調査の結果平均では、「深夜」「午前0時台~午前2時台」を意味していると感じる人が多くなっています。

「夜中」と「深夜」の違い!

「夜中」「深夜」の違いを、分かりやすく解説します。

「夜中」「深夜」はどちらも「夜の遅い時間帯・夜更け」を意味しているということでは共通していますが、日本人の一般的な言葉・時間帯の解釈では「夜中よりも深夜のほうが夜の遅い時間帯を意味していると感じる」という違いがあります。

NHK放送文化研究所が実施した「夜の時間帯を示す言葉の意味」に関する全国調査の結果平均では、「夜中」という表現は「午後11時台~午前2時台」を意味しているように感じ、「深夜」のほうは「午前0時台~午前2時台」を意味しているように感じるという違いを指摘できます。

まとめ

「夜中」「深夜」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「夜中」とは「夜の時間帯の半ば・夜更け」「NHK放送文化研究所による全国調査の結果を平均すると午後11時台~午前2時台」を意味していて、「深夜」とは「夜の遅い時間帯・夜の時間帯が深まった頃」「NHK放送文化研究所の全国調査によると午前0時台~午前2時台」を意味している違いがあります。

「夜中」「深夜」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典