「大賢者」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「大賢者」とは

大賢者というのは一般の賢者よりもさらに賢い賢者のことを指すことがありますが、最近では「今日からマ王!」に出てくる登場人物、「双黒の大賢者」を指すことが多いです。

これは角川ビーンズ文庫より出版されているライトノベル、まるマシリーズの1つです。

インターネットラジオでも放送されたことがあります。

「大賢者」の意味

「まるマシリーズ」「今日からマ王!」に出てくる双黒の大賢者というのはキャラクターの1つであり、大賢者と言われることが多い登場人物です。

本名は分かっていません。

初代魔王である眞王の右腕として建国に携わったとされており、知識に富んだ人物です。

双黒は黒い髪の毛と黒い瞳を指しており、かなり美形の人物だといえます。

「大賢者」の使い方

「今日からマ王!」の登場人物である双黒の大賢者は一般的に大賢者と略して呼ばれるため、大賢者などというタグが利用されている場合はこの登場人物のことを指していると考えられます。

このシリーズは2004年にテレビアニメ化され、2005年より月間Asukaにて公開されています。

大賢者というのはこのシリーズの登場人物について述べるときに使われます。

「大賢者」の例文・短文

それならば、「今日からマ王!」に出てくる登場人物である大賢者はどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここではその例文を紹介します。

「大賢者」の例文1

「大賢者は黒い髪の毛と黒い瞳を持っている」

大賢者の双黒とは、先ほども述べた通り、黒い髪の毛と黒い瞳のことを指しています。

大賢者はあくまでも固有名詞になりますので、その人物に関して説明をするときに使うことができます。

見た目も目立ちますし、知識に飛んでいるとも考えられており、眞魔国では貴重な存在だと言われています。

眞王の右腕として国の成り立ちに大きく関与している貴重なキャラクターです。

「大賢者」の例文2

「大賢者は記憶を失っている」

大賢者は眞王の右腕でありながら、眞王と出会ったときに記憶を失ったと考えられています。

しかし眞王は大賢者の過去を知っているため、自分の過去を知るために眞王に付き、一緒に旅をしながら自分の過去がどのようなものだったのか、記憶を取り戻そうとしているシーンがあります。

一緒に国を成り立たせたものの、その後は眞王と対立してしまい、禁忌の箱と一緒に地球にやってきたとされています。

「大賢者」の例文3

「大賢者の記憶は村田健に引き継がれている」

村田健というのは私立進学校に通う優等生であり、大賢者の生まれ変わりだと考えられています。

そのため4000年以上前から今まで、すべての記憶を有しており、村田健になる一つ前は香港在住のクリスティンという人物でした。

それ以外にもベネチアでパン屋をしていたり、スペインでパン職人をしていたり、そうかと思えば古代エジプトで未来を作っていたり、十字軍の兵士として戦争に関わっていたりなど、様々な経験をしています。

そして今の世界では双黒の大賢者の生まれ変わりとして生活しているキャラクターなのです。

ちなみに香港で生活していたときにはAV女優だったと言われています。

「大賢者」の例文4

「大賢者というタグが存在する」

最近はTwitterやInstagramなどでタグが利用されるようになりました。

タグを使うことによって素早く検索することができ、Facebookなどでも#を使うことでこのタグを利用することができます。

双黒の大賢者はアニメのキャラクターですからタグが使われることがありますが、このキャラクターは大賢者として表現されることが多く、タグで検索するときには大賢者で検索することが大切です。

双黒の大賢者と検索してもそれでは出てこない可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典