スポンサーリンク

「天然ダイヤモンド」と「人工ダイヤモンド」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天然ダイヤモンド」と「人工ダイヤモンド」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「天然ダイヤモンド」「人工ダイヤモンド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天然ダイヤモンド」とは?

自然にできたダイヤモンドで、採掘などによって発見、製品化へのルートをたどります。

炭素が地球深部で強烈な圧力と高温の下で形成されて作られるもので、数十億年前のものも存在しています。

ダイヤモンドの発生の地形的な理由もあり、サイズが大きくなるにつれて内包物が混ざっているという性質を持っています。

屈折率の高さもダイヤモンドの特徴で、美しさはここから来ています。

ダイヤモンドは水をはじいて油と馴染む親油性という性質や熱を伝えやすい性質を持っていることなど、鑑定の際に使用される特徴もあります。

硬度の高さも宝石ではトップレベルです。

価格は人工ダイヤモンドが作られるようになっても下落することはなく、価値を維持し続けています。

天然ダイヤモンドはその価値の高さから用途は宝飾品がメインとなりますが、小さなもの、細かいものであればその硬さを生かしてダイヤモンドの微粒子をコーティングして穴あけの工業用ドリルや工業用カッターなどに使われています。

「人工ダイヤモンド」とは?

人工ダイヤモンドは合成ダイヤモンドとも言われるもので、人の手で作られたダイヤモンドです。

原料はダイヤモンドと同じ炭素で、硬さもダイヤモンドと同じとなっています。

価格が安くダイヤモンドの利点が活かせるため、熱伝導率の高さを生かした半導体の放熱板や硬さを生かした工業用のドリルやカッター、やすり、厳しい環境でも強いため人工衛星の窓にも使われるなど、宝飾品以外にも幅広く利用されています。

宝飾品の人工ダイヤモンドはダイヤモンドと同じ輝きとなっていますが、ジルコニアなどを用いた模造ダイヤモンドは硬度の差や輝きに差があり宝石鑑定士には簡単に区別ができます。

「天然ダイヤモンド」と「人工ダイヤモンド」の違い

「天然ダイヤモンド」「人工ダイヤモンド」の違いを、分かりやすく解説します。

「天然ダイヤモンド」は自然に作られており、地球の深い位置に存在したダイヤモンドのため、希少価値に加え採掘にかかる費用も高額さにつながっています。

高い屈折率による美しさが特徴です。

「人工ダイヤモンド」工業的に作られたダイヤモンドで、外見は非常に近く、硬さや屈折率などダイヤモンドの優れた性質はそのまま持っており、低価格で作ることができます。

採掘による環境問題が発生しない点もメリットです。

人工ダイヤモンドは内包物がないという点と価格の安さで天然ダイヤモンドとの見分けが可能とされています。

人工ダイヤモンド、天然ダイヤモンドともに硬さや熱伝導率のメリットを活かし、粒子が工業用カッターなどに使われ、人工ダイヤモンドは人工衛星の窓などにも使われます。

まとめ

「天然ダイヤモンド」「人工ダイヤモンド」は自然に取れたものと人工のものという違いはありますが、硬さや屈折率、熱伝導率が同等な上で低価格なことが人工ダイヤモンドのメリットです。

天然ダイヤモンドは自然が作り出し、採掘を経ていることもあり人工ダイヤモンドができても希少さを保っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典