スポンサーリンク

「失礼」と「失敬」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「失礼」と「失敬」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「失礼」「失敬」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「失礼」とは?

「失礼」「しつれい」と読み、の意味は以下の通りです。

1つ目は「人に接する際に相手を敬う気持ちに欠けること」という意味で、人に接する作法や心得をわきまえていないことを言います。

2つ目は「人の元を立ち去る時の丁寧な表現」という意味で、「去ることをお許しください」という丁寧な言い方です。

3つ目は「人に対して軽く謝ったり、人を呼び止めたり、別れ際の挨拶などの言葉」という意味で、相手に対して許しを請う時に幅広く使われます。

上記に共通するのは「相手への礼を欠く」という意味です。

「失礼」の使い方

「失礼」「人に接する際に相手を敬う気持ちに欠けること」「人の元を立ち去る時の丁寧な表現」「人に対して軽く謝ったり、人を呼び止めたり、別れ際の挨拶などの言葉」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「失礼だ・である」「失礼する・した」と使われたり、形容詞として「失礼な」と使われたり、相手への呼びかけとして「失礼」と使われたりします。

基本的に、相手への礼を欠くという意味から、相手より先に行動する時に、礼儀に外れない為に幅広く使われる言葉です。

「失敬」とは?

「失敬」「しっけい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「人に対して敬意を欠いた振る舞いをすること」という意味で、相手に対して無礼な言動をすることを言います。

2つ目は「先にその場から去ること」という意味で、やや固い表現になります。

3つ目は「他人のものを黙って自分のものにすること」という意味で、人のものを拝借したり、盗むことを言います。

4つ目は「人と別れる時の挨拶や、詫びる時の表現」という意味で、主に男性が使う軽い意味の言葉です。

上記に共通するのは「礼を欠くことの固い表現」という意味です。

「失敬」の使い方

「失敬」「人に対して敬意を欠いた振る舞いをすること」「先にその場から去ること」「他人のものを黙って自分のものにすること」「人と別れる時の挨拶や、詫びる時の表現」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「失敬だ・である」と使われたり、形容詞として「失敬な」と使われたり、相手へのお詫びの言葉として「失敬」と使われたりします。

基本的に、相手への敬意を欠くという意味から、相手への無礼を詫びる言葉として使われ、固い表現で主に男性が使うことが多くなります。

「失礼」と「失敬」の違い

「失礼」「相手への礼を欠くこと」「相手より先に行動する時に、礼儀に外れない為に幅広く使われる言葉」という意味です。

「失敬」「相手への敬意を欠くこと」「相手への無礼を詫びる言葉で固い表現、主に男性が使うことが多い」という意味です。

「失礼」の例文

・『女性に年齢を訊ねるのは失礼だ』
・『お先に失礼します』
・『失礼ですが、どちら様ですか?』
・『これは失礼』

「失敬」の例文

・『お先に失敬するよ』
・『君はずいぶん失敬な奴だな』
・『人の文房具を失敬する』
・『ちょっと失敬、ここを教えてくれないか』

まとめ

今回は「失礼」「失敬」について紹介しました。

「失礼」「礼を欠くこと」「礼儀に外れない様にする言葉」「失敬」「敬意を欠くこと」「無礼を詫びる言葉で固い表現」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典