スポンサーリンク

「奇策」と「奇襲」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「奇策」と「奇襲」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「奇策」「奇襲」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「奇策」とは?

「奇策(きさく)」とは、「普通の発想・人では思いつきにくいようなはかりごと」を意味している言葉です。

「はかりごと」という表現は、「相手を罠にかけるための謀略・計略」を意味しています。

「奇策」の言葉には、「人が予想できないような奇抜なはかりごと・策略」の意味合いがあるのです。

例えば、「奇策によって相手を混乱させました」「彼は正攻法を好むので、奇策は採用しないでしょう」などの文章で使用されます。

「奇襲」とは?

「奇襲(きしゅう)」とは、「相手が油断しているときに、不意をついて襲うこと」を意味している言葉です。

「奇襲」という表現には、「思いがけない方法で急に襲うこと」「相手が予想もつかないような形で攻めること」を意味しているのです。

例えば、「源義経は奇襲の戦術を得意としていました」「夜陰に乗じた敵の奇襲を受けて部隊が全滅させられました」といった例文で使うことができます。

「奇策」と「奇襲」の違い!

「奇策」「奇襲」の違いを、分かりやすく解説します。

「奇策」「奇襲」もどちらも「普通では思いつかないような事柄」を意味している部分では共通していますが、「奇策」という言葉は「普通ではなかなか思いつかないような策略や予想できない計略」のことを意味しています。

「奇策」に対して「奇襲」というのは、「相手が油断しているところを不意に襲うこと・相手が予想もしていないような方法で急に襲うこと」を意味しているという違いがあります。

「奇策」というのは「相手を罠にかけるための思いがけない方策・奇抜なはかりごと」であり、「奇襲」のほうは「相手の不意をついて襲うこと・予想できないような形で攻めること」を意味しているという違いを指摘できるのです。

まとめ

「奇策」「奇襲」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「奇策」とは「普通の人では発想できないようなはかりごと・奇抜な策略」を意味していて、「奇襲」「相手の隙をついて思いがけない方法で襲うこと」を意味している違いがあります。

「奇策」「奇襲」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典