スポンサーリンク

「奏功」と「成功」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「奏功」と「成功」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「奏功」「成功」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「奏功」とは?

「奏功」は立てた計画がうまくいくことで、計画を立ててから実行してそれが成功した場合「奏功」と呼び、計画がうまくいったことを意味します。

また、「奏功」は医療で治療が成功したという意味もあります。

「成功」とは?

「成功」は、物事がうまくいくことを指しており、物事というのは、何でもよく、計画も物事ですし、何か作品を生み出すということも物事です。

「奏功」と「成功」の違い

「奏功」「成功」の違いは、物事の対象を計画や作戦という物だけを指すか、何でもよいとするかです。

「奏功」は、作戦や計画などで使用される言葉に当たり作戦や計画がうまくいったことを示しますが、実は、「成功」という言葉も作戦や計画がうまくいったことを指したうえで、物事すべてにおいてうまくいったと言えるため、「成功」の方が日常ではよく使用されます。

「奏功」の例文

・『薬の効果が奏功し患部が回復しているように見える』
この例は、薬の効果が表れ、効果的に作用して患部が回復しているように見えるという例です。

「奏功」は、医療にも使用可能な言葉で医療においては、治療が成功することを意味します。

このケースは、薬の効果が表れて治療が成功していることを指しています。

・『がんの治療に関する新薬開発の計画は奏功した』
この例は、癌を治療する新薬開発の許可が下りたという例です。

「奏功」は、物事が間接的に働くことを意味し、それらがうまくいくことであるため、このケースは計画という間接的に働くことがうまくいったとしています。

「成功」の例文

・『新型の小型車エンジンの開発に成功する』
この例は、物理的に小型車のエンジンの開発がうまくいったことを述べています。

「成功」は、物理的や計画のような間接的に作用するものがうまくいくことでこのケースは、物理的に物事がうまくいったという例です。

・『この治療は成功しない』
この例は、物理的な治療において恐らく失敗することを述べた例です。

しないと否定することで、うまくいかないということが可能です。

まとめ

「奏功」「成功」の違いは、計画など間接的に働く物事がうまくいくことを指すか、物理や計画などどの様なことでもよいのでそれらがうまくいくことを指すかです。

また、「奏功」は医療用語で治療が成功することを意味しますので医療用語であるかそうではないかというのも違いです。

その上で、日常的に使用されているのが「成功」でこの言葉は、事実上医療用語でも使用可能なうえ、計画など物事が間接的にうまくいくことも「成功」と記載すればうまくいったことを示すため、実質何にでも使用できる言葉になります。

その為、「奏功」は現在医療で治療が成功することを意味する言葉の意味合いが強いのですが、「成功」という便利な言葉があるが故あまり医療でも使用されていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典