「好きが止まらない」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「好きが止まらない」

恋愛をすると誰しも少なからずは浮き足立つことがあります。

多くの人はある程度のところで自制して行動し、恋愛を楽しみます。

しかし時には感情が抑えきれないというときもあり、「好きが止まらない」ということもあります。

またこの状態は恋愛において起こりやすいですが、恋愛以外でも起こり得る状態です。

本人は好きすぎてコントロールが聞かなくなっておりますが、その被害・影響を受けるのは周りのため、注意が必要となります。

「好きが止まらない」の意味

「好きが止まらない」という言葉は「好き」という感情に抑えが効かず、感情をコントロールできない状態を意味します。

「好き」という状態は一種の興奮状態にあります。

そしてこの場合の「止まらない」という言葉の意味として物理的な止まる・止まらないではなく、感情の波が押し寄せて止めることができないという意味を指します。

そのためこの二つの言葉が合わさることで、心の中で起こる「好き」という感情の高ぶりが収まらないという意味になります。

「好きが止まらない」の言葉の使い方

「好きが止まらない」という言葉の使い方として、特定のものに対する自分の感情を表す・伝えるときに使います。

その対象は恋愛に関する場合が多いです。

しかし他にもアニメ・アーティスト・ペットなど様々です。

そのため恋愛に限らず、あくまで「好き」という感状が生じるもの全てに対して適応となります。

また使うことで相手に対してどれだけ好意を持っているかを伝えることにもなります。

そのため感情の程度を表すバロメーターのような使い方もされます。

また「止まらない」と続くため、現在進行形で「好き」な状態が続いていると伝える方法にもなります。

「好きが止まらない」を使った例文・短文(解釈)

「好きが止まらない」という言葉は特別強い好意を持っているときに使います。

そのため安易に人に使ったり、多用しすぎると誤解を生みかねません。

それを避けるうえでもどのような使い方が望ましいか、例文とその解釈を紹介します。

「好きが止まらない」の例文1

「私は昔からあの人が好きだった。以前は見ているだけでよかったけど、最近連絡先を交換してからますます好きが止まらない」

この場合、意中のに対して「好き」という感情を強く持っていることを周りに伝えています。

また昔からずっと好きだったが、最近になってさらに好きになってきたということを「好きが止まらない」という言葉で表現しています。

「好きが止まらない」の例文2

「あのアーティストのことをいつも考えている。作品を見るたびに興奮してしまって、好きが止まらないの」

この場合、非日常下にいるアーティストに対しての好意の高さを伝えています。

日常的にアーティストのことを考えているため、普段から「好き」という状態が続いていることを伝えるため、「好きが止まらない」と表現しています。

「好きが止まらない」の例文3

「私は休みの日はいつも小説を読んで過ごしている。本は私を違う世界に誘ってくれるから良い。好きが止まらない時は家から一歩も出ずに本ばかり読んでいるよ」

この場合、本に対しての愛情を伝えるために使われています。

定期的に本を読んでおり、時には読みふけってしまうほど好きであり、好きな本の世界に入ってしまうと抜けだないため、好きが続くという意味も表しています。

「好きが止まらない」の例文4

「あの人は恋愛するといつも『好きが止まらないから辛い。』と言うよね毎回言われるとさすがに言われる方も辛いと思う。聞いていて私たちも面倒くさいときもあるの」

この場合、「あの人」とされる人物の恋愛中の行動を伝えています。

恋愛の度に「好きが止まらない」と言っています。

多用した結果、相手にも周りにもプレッシャーや負担をかけて迷惑と認識されています。