「好利回り」と「高利回り」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好利回り」と「高利回り」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好利回り」「高利回り」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好利回り」とは?

「好利回り(こうりまわり)」とは、「投資元本に対する利子も含めた収益の割合が、平均よりも高いこと」「平均よりも良い利回りが期待できるとする宣伝文句」を意味しています。

「好利回り」という表現は「基準価格が常に変動する有価証券・投資信託のような金融商品の広告宣伝」で使われやすいもので、「具体的な利回りの数字」は示さない(示せない)傾向があります。

「高利回り」とは?

「高利回り(こうりまわり)」とは、「投資元本に対する利子も含めた収益の割合が、平均よりも高いこと」「感覚的・イメージ的な利回りの高さ」を意味している金融用語です。

「高利回り」という表現は、「定期預金・外貨預金・投資信託・金融投資などにおける利回りが高いこと」を意味しているのです。

「高利回り」「年利~%という具体的な数字」を示すことが多いものの、「年利何%あれば高利回りと呼んでいいのかの客観的な基準」がないため、その利回りの高さは感覚的・イメージ的なものになりがちです。

「好利回り」と「高利回り」の違い!

「好利回り」「高利回り」の違いを、分かりやすく解説します。

「好利回り」「高利回り」はどちらも「金融投資・有価証券の投資において、投資元本に対する収益の割合が高いこと」を意味していて、実際の金融商品の宣伝文句ではほぼ同じ意味の言葉として使われています。

ただし「好利回り」のほうが「高利回り」よりも、「実際の利回りの数字が曖昧ではっきりしないことが多い」という違いは指摘できます。

「高利回り」というのは「定期預金・外貨預金・金融投資などにおける利回りが平均よりも高いこと」を意味していて、「定期預金で年利0. 1%・投資信託で年利3. 0%」のようにある程度具体的な数字の目安が示されます。

一方、「好利回り」のほうは「高い利回りが期待できるという宣伝文句」での使用が多く、具体的な利回りの数字は出さないことが多い違いがあるのです。

まとめ

「好利回り」「高利回り」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「好利回り」とは「投資元本に対する利子も含めた収益の割合が、平均よりも高いことが期待できると伝える宣伝文句(実際にどれくらい高いのかを具体的に示されない場合に使われやすい投資用語)」を意味していて、「高利回り」「投資元本に対する利子も含めた収益の割合が平均利回りよりも高いこと」を意味している違いがあります。

「好利回り」「高利回り」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典