「妥結」と「合意」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「妥結」と「合意」の違い未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「妥結」「合意」の違いを分かりやすく説明していきます。

「妥結」とは?

「妥結」の意味と使い方について紹介します。

「妥結」の意味

「妥結」「だけつ」と読みます。

意味は「利害の対立する同士が、合意に達して約束を取り交わすこと」「双方が互いに折れ合って、話がまとまること」です。

「妥結」の使い方

「妥結」には主に2つの意味があります。

1つ目は、「利害が対立する者同士が交渉して、合意に達すること」で、政治やビジネスなど、駆け引きが必要な時に使われます。

2つ目は「双方が折れ合って話がまとまること」で、交渉がより困難を極めた時に使われます。

「妥」「安らか」「穏やか」という意味で、「結」「むすぶ」とも読み「まとめる」「約束する」という意味、「妥結」「穏やかにまとめる」という意味になります。

「合意」とは?

「合意」の意味と使い方について紹介します。

「合意」の意味

「合意」「ごうい」と読みます。

意味は「お互いの意見が一致すること」「法律上、当事者同士の意思が一致すること」です。

「合意」の使い方

「合意」は、お互いの意見が一致することを言います。

あるものごとについて話あった時に、お互いの考え方や意思が一致する時に使われます。

「合意」の場合、関係する人達が同じ立場に立っていて、優劣があったり、誰が強引に押し通したり、逆に我慢をするということはなく、あくまで納得してまとめる時に使う言葉です。

その後行動する時も平等にものごとを判断して進めて行きます。

「妥結」と「合意」の違い!

「妥結」「利害の対立する同士が合意に達して約束を取り交わすこと」「双方が互いに折れ合って話がまとまること」です。

「合意」「お互いの意見が一致すること」です。

まとめ

今回は「妥結」「合意」の違いをお伝えしました。

「妥結は駆け引きがある」「合意は皆が納得」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典