「姉キャバ」と「熟キャバ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「姉キャバ」と「熟キャバ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「姉キャバ」「熟キャバ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「姉キャバ」とは?

「姉キャバ」の意味と概要について紹介します。

「姉キャバ」の意味

「姉キャバ」「あねきゃば」と読みます。

意味は、「20代から30代の女性が接客するキャバクラのこと」です。

「姉キャバ」の概要

「姉キャバ」は、20代から30代半ばまでの女性キャストがいるキャバクラのことを言います。

「お姉さん的なキャバクラ」という説や、「姉キャン」というファッション誌の名称から来ているという説などがあります。

本来「キャバクラ」は、20代前後の若い女性が接客するのですが、一般的なキャバクラで働くには厳しいけれども、下記で紹介する「熟キャバ」ほどではない女性が働ける場所です。

「姉キャバ」「気さくに話せる」「愚痴や弱音が言える」などのメリットがあります。

「熟キャバ」とは?

「熟キャバ」の意味と概要について紹介します。

「熟キャバ」の意味

「熟キャバ」「じゅくきゃば」と読みます。

意味は「30代から50代の女性が接客するキャバクラのこと」です。

「熟キャバ」の概要

「熟キャバ」は、30代から50代の女性キャストがいるキャバクラのことを言います。

「熟女キャバクラ」という意味で、20代ほどの若さはないけれども、洗練された美しさと、人生経験豊富な人柄で品質の高いおもてなしをします。

男性にとって「安心できる」「気配りをしてく貰える」などのメリットがあいます。

「熟キャバ」は、普通のキャバクラよりも照明が暗めに設定されているという特徴があります。

「姉キャバ」と「熟キャバ」の違い!

「姉キャバ」「20代から30代の女性が接客するキャバクラのこと」です。

「熟キャバ」「30代から50代の女性が接客するキャバクラのこと」です。

まとめ

今回は「姉キャバ」「熟キャバ」の違いをお伝えしました。

「姉キャバはお姉さんみたいなキャスト」「熟キャバは熟女キャスト」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典