「姦しい」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「姦しい」

「姦しい」「かしましい」と読みます。

難しい漢字なのですが、言葉自体は馴染みが深く日常会話でもよく使われています。

「姦しい」の意味

「姦しい」の意味は「耳障りでうるさいこと」「人の声が賑やかでうるさいこと」です。

複数の人達が一度にしゃべり出すと、その会話に参加していない人にとっては非常にうるさく耳障りなものです。

「姦しい」は主に女性に対して使われる言葉で、若い女性が集まってぺちゃくちゃとおしゃべりを楽しんでいる様子に使います。

「姦しい」の言葉の使い方

「姦しい」の使い方には以下のポイントがあります。

女性に対して使われる

「姦しい」はこの言葉だけでも意味が通じますが、昔から「女三人寄れば姦しい」という諺があります。

このことからも分る様に、女性に対して使われる言葉です。

状況としては、女性ばかりか男女混合など、女性が複数いておしゃべりで盛り上がっている時に使います。

人数は三人でなくても構いません。

因みに男性が3人いた場合、男性ばかりでうるさい場合には「たばかる」と言います。

「姦しい」と同じ様に「男」が3つで成り立っている漢字ですが、現在では使われていません。

人の声に対して使う

「姦しい」は人の声に対して使われる言葉です。

バイクの音や音楽などは「姦しい」とは使わず、「やかましい」「うるさい」になります。

良い意味ではない

「姦しい」「耳障りでうるさいこと」ですので、良い意味ではありません。

女性達が楽しそうにお喋りをしているので声掛けのつもりで「姦しいね」と言ってしまうと「うるさい」と言っているのと同じになります。

女性から嫌われてしまうかも知れませんので注意しましょう。

「姦しい」を使った例文・短文(解釈)

「姦しい」を使った例文と解釈を紹介します。

「姦しい」の例文1

「若い女性社員が増えたら昼休みが一気に姦しくなった」

女性社員が増えた部署では、お昼休みに集まってランチをする時のおしゃべりが盛り上がるものです。

女性の笑い声やしゃべり声が遠くまで聞こえてくる様子を表しています。

「姦しい」の例文2

「あそこの家は4人姉妹だから休日はやたらと姦しいらしい」

女の子ばかり4人いる家族では、お母さんも入ると女性が5人になります。

平日はそれぞれ外出しているのですが、休日になると全員が揃いうるさいほど賑やかな様子を表しています。

「姦しい」の例文3

「いつも給湯室が姦しい」

会社で給湯室というと女性の井戸端会議の場として有名です。

人の噂話で盛り上がり、笑い声が響いたりして上司から怒られてしまうこともあります。

「姦しい」の例文4

「姦しいグループがいてゆっくり食事ができなかった」レストランで女性ばかりでやってきて、大声でおしゃべりをしている人達がいます。

隣の席に座っていて、うるさくてゆっくり食事が出来なかったことに対して文句を言っています。

「姦しい」の由来・語源

「姦しい」の由来は、漢字の成り立ちから来ています。

「女」が3つで構成されていた「姦しい」は、井戸端に集まっている女性を表していると言われています。

1人だと大人しい女性も、2人3人と友達が増えると会話がはずみ、声が大きくなることから言われる様になりました。

女性のおしゃべり好きは昔から変わらないことがうかがえます。

「姦しい」の類語と解釈

「姦しい」と良く似た言葉に「かまびすしい」があります。

意味は「うるさい」「やかましい」「騒がしい」です。

「姦しい」「非常に耳障りである」という意味ですのでより程度が大きくなります。

「かまびすしい」「うるさいなあと思うレベル」ですが、「姦しい」「うるさくて迷惑になるレベル」という違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典