スポンサーリンク

「威力」と「勢力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「威力」と「勢力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「威力」「勢力」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いと使い方を把握していただいて、あなたの生活がほり有意義なものになるように心から祈っております。

スポンサーリンク

「威力」とは?

最初に「威力」の意味をご説明致します。

「威力」の意味は基本的に、他の者を圧倒させるような凄まじい力や破壊力、勢い等を指しております。

また、法律の名称である「威力業務妨害罪」等の名称に使われていたり、名称の意味を解説する際にも用いられるので、把握しておいてください。

特に法律のエキスパートである弁護士等を目指している方等は、頭の片隅にでも置いといてくださると幸いです。

「勢力」とは?

次に「勢力」の意味を解説していきます。

「勢力」の意味とは、基本的に国単位や軍隊等の集団が持つ力を意味しております。

その力を持ってして、他国や他者と戦い抑え込む力量を表す際に使われることが多いようです。

是非とも把握して、ご自分のスキルアップ等に役立ててみてください。

「威力」と「勢力」の違い

ここでは「威力」「勢力」の違いを解説致します。

「威力」「勢力」の違いは、基本的に上で解説をした意味に照らし合わせていくと違いや使い方までが、簡単に分かります。

「威力」というのは、他者を圧倒するような破壊力や攻撃力、勢いを意味しております。

また法律の名称等にも使われていると認識してください。

そして、「勢力」の場合は、国家単位の軍隊等の集団を指しております。

その集団の力を持ってして、他国や他者を抑え込めるt力を意味しているのです。

ここまで違いを理解すると、使い方が簡単に出てきます。

前者の場合は、「非常に威力の強い大砲が完成したようだ~」という使い方が妥当かと判断します。

また、後者の方は「航空兵力の全勢力を持って敵撃滅を~」という使い方がイメージしやすいでしょう。

「威力」を使った例文

・『威力の強い機関砲だ』
・『ボクサーのパンチ力は凄まじい威力だと思う』
・『威力業務妨害で警察へ通報した』
・『彼の発言力は相手に威力を発揮するだろう』
・『威力がある攻撃力を欲しているようです』

「勢力」を使った例文

・『全勢力を持って攻略へ動き出した』
・『海上戦力の全勢力を持って敵艦隊と戦うと言っていた』
・『ここ半年で勢力を伸ばしてきたようです』
・『勢力が敵を優っている今のうちにケリをつける』
・『ミッドウェー海戦以降、勢力圏はどんどんアメリカに奪われていった』

「まとめ」

最後に「威力」というのは他者を倒すに足るほどの力や攻撃力や破壊力を意味しております。

また、法律の名称等にも使われているのです。

そして、「勢力」というのは国単位(軍隊)の大きな集団を指しており、尚且つその力を持ってして他国や他者を抑え込む力を意味しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典