スポンサーリンク

「嫌われる」と「いじめられる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「嫌われる」と「いじめられる」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「嫌われる」「いじめられる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「嫌われる」とは?

「嫌われる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「嫌われる」「きらわれる」と読みます。

「嫌われる」「嫌う」の受身形になります。

まず「嫌われる」には、「嫌がって、その対象とかかわりたくないと思われる」また「好ましくないものとして避けられる」という意味があります。

「不審者だと思われ、嫌われる」「嫌われて、仲間は売れにされる」などという使い方ができます。

また「嫌われる」には、「はばかられ、それをしないようにされる」という意味があります。

「葬式をするとき、友引の日は嫌われる」などという使い方になります。

一般的には前者の意味で使われることが多い言葉になります。

「いじめられる」とは?

「いじめられる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「いじめられる」「苛められる」または「虐められる」と漢字表記することができます。

「いじめられる」「いじめる」の受身形となります。

「いじめられる」には、「弱いものが苦しめられたり、痛めつけられること」また「つらく当たられること」という意味があります。

例えば、小動物が痛めつけられているようなとき、「小動物がいじめられる」という文章になり、子供がつらく当たられている場合は、「子供がいじめられる」という文章になります。

「嫌われる」と「いじめられる」の違い

「嫌われる」「いじめられる」の違いを、分かりやすく解説します。

「嫌われる」には、「嫌がって、その対象とかかわりたくないと思われること」また「好ましくないものとして避けられること」という意味がります。

一方で、「いじめられる」には、「弱いものが苦しめられたり、痛めつけられること」また「つらく当たられること」という意味があります。

まず、両者の違いとして「いじめられる」の場合は、対象が「弱いもの」に限定されているという点になります。

力が弱いもの、社会的立場が弱いものが、何かをされるとき、「いじめられる」という言葉を使うことになります。

また「嫌われる」の場合は、嫌う人が「思う」「避ける」という、やや消極的な行動に限定されるのに対して、「いじめられる」の場合は、いじめる人が、「苦しめる」「痛めつける」「つらく当たる」と、積極的に危害を加えているという違いがあります。

「A君に嫌われる」場合は、「A君にきらいだと思われたり、避けられる」だけで済みますが、「A君にいじめられる」場合は、「A君に、苦しめられる、痛めつけられる、つらく当たられる」ことになります。

まとめ

「嫌われる」「いじめられる」の違いについて見てきました。

「嫌われる」「いじめられる」には、重なる部分もありますが、明白な意味の違いがあることがわかりました。

「嫌われる」だけでなく、相手から危害を加えられるとき、「いじめられる」という言葉で、表現することになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典