スポンサーリンク

「存在意義」と「存在価値」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「存在意義」と「存在価値」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「存在意義」「存在価値」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「存在意義」とは?

「存在」とは、人や物がそこにあることです。

ある働きや価値を持ってそこにあることを意味します。

「意義」は、言葉が指す内容のこと、また事柄や行為が持つ価値のことを意味しています。

つまり、「存在意義」とは、人や物がそこにあることの価値という意味になります。

「存在意義を問う」という場合は、そこに現に人や物があることに価値があるのかを問うという意味になります。

「存在価値」とは?

「価値」とは、そのものがどれくらい役に立つのかという程度のことです。

つまり、「存在価値」とは、そこに存在する意味を認める、人や物が持っている価値という意味になります。

では、そこに存在する意味とは何かというと、定義はありません。

「存在意義」と「存在価値」の違い

「存在意義」は、そこに人や物が存在することの意味・価値のことです。

「存在価値」は、そこに人や物が存在することの価値のことです。

価値は、どれくらい役立つかということなので、そこに存在することがどれくらい役立つのかという意味になります。

意義には、事柄や行為が持つ価値という意味があります。

「価値」という意味が含まれているため、「存在意義」「存在価値」はほぼ同じ意味になります。

まとめ

自分の「存在意義」「存在価値」を考えて悩む方もいることでしょう。

どれくらい役立つのか、どれくらい価値があるのか判断をするのは難しいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典