スポンサーリンク

「季節風」と「偏西風」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「季節風」と「偏西風」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「季節風」「偏西風」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「季節風」とは?

「季節風」とは、夏は海から吹き込む風のことを意味し、冬は陸路から海側に吹き込む風のことです。

「季節風とは」季節が変わることで吹き込む風が変わることを意味するため季節を知ることでどこからどこへ向けて吹く風であるかを把握することが出来ます。

この時、吹き込む風は絶対に季節によって同じであるが故、「季節風」という言葉を用いてどこからどこに向けて吹く風であるかを教えます。

なお、近年では、この考え方に当てはまらなくなり、「季節風」は、日本付近では、夏はユーラシア大陸側に吹き込む南東の風であると解釈し、冬はユーラシア大陸側から吹いてくる北東の風であるとします。

学校などの教育機関では、このように教えることでどこからどこに吹く風であるかを日本にいる方に明確に教えているのです。

「偏西風」とは?

「偏西風は」地球を西から東に強く吹く風のことです。

地球は球体であるが故、エリアによっては海水の温まり方が異なります。

海水が暖められることで上昇気流を生み出し、温められた海水はいずれ冷却されるのですが、この時に生じた変化が「偏西風」となるのです。

この現象は、ストローで空気を吹き出すと最初は暖かいのですがだんだんと冷却されて冷たい空気になる現象と同じです。

この気圧差が偏西風の招待で暖かい場所から冷たい場所へと空気の流れが移動する際に生じる温度差が「偏西風」という強い風になります。

「季節風」と「偏西風」の違い

「季節風」は季節ごとに必ず吹き込む方向が変化し、日本の場合、夏はユーラシア大陸側に吹き込む南西の風になります。

そして、冬はその反対でユーラシア大陸側から北西の風が吹き込み太平洋側に出るのが「季節風」で四季によって空気の流れ自体が変化することです。

一方で「偏西風」はすでに決められている現象であり海水が暖められた場所から冷たい場所に移行する場合、必ず西から東へと移行するため、「偏西風」が発生するのは決められた要素がある場合、この場合、温められた海水とそれを冷却する冷たい海水が入り混じるエリアがあることが「偏西風」の発生する要素になります。

まとめ

「季節風」「偏西風」の違いは、「季節風」は日本から見て夏はユーラシア大陸側に吹き込む南東の風であり、冬になるとその風が反対方向から吹き込む現象です。

一方で、「偏西風」はすでに決められた要素が重なることで起こる現象で、季節は関係なく要素があればいつでも起こる現象です。

その要素は、暖かい海水があり、その熱した水蒸気が上昇気流となり冷たい海水があるエリアまで移動する家庭があれば「偏西風」と呼び西から東に吹く強い風となるのです。

その為両者は発生のメカニズムが異なり、「季節風」は季節によって吹く風の方向が変わるが「偏西風」は季節は関係なく、要素さえあればいつでも起こる風になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典