スポンサーリンク

「定年」と「停年」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定年」と「停年」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定年」「停年」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定年」とは?

「定年(ていねん)」とは、「法律・会社の内規などを根拠に、一定の年齢になったことを理由に退官・退職することやその年齢」を意味しています。

「定年」の表現は、明治時代から戦前にかけての軍隊などで「一定年齢(軍隊招集可能な21歳など)」の意味でも使われていました。

「停年」とは?

「停年(ていねん)」とは、「法規・会社の内規などによって、一定の年齢になったことを理由に退官・退職することやその年齢」を意味しています。

「停年」の表現は、戦前戦中の旧日本軍で「現役定限年齢(大将65歳・中将62歳などその階級に留まっていられる年齢の上限)」「実役停年(その階級に最低限とどまらなければならない年数・大佐、中佐、少佐は2年など)」の意味合いで使われていた歴史があります。

「定年」と「停年」の違い!

「定年」「停年」の違いを、分かりやすく解説します。

「定年」「停年」はどちらも「法律・内規などを根拠に、一定の年齢で退官・退職すること」を意味していますが、現代では「停年」よりも「定年」のほうが一般的な漢字表記として使われている違いがあります。

「定年」に対して「停年」という表現は、「旧日本軍において現役定限年齢(その階級に留まっていられる年齢の上限)・実役停年(その階級を最低限つとめなければならない年数)」の意味で使われていた違いもあります。

まとめ

「定年」「停年」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「定年」とは「法律や社内の規則で、一定の年齢になったことを事由に退官・退職することやその年齢」「一定年齢」を意味していて、「停年」「法規などにより一定の年齢で退官・退職すること」「旧日本軍の現役定限年齢・実役停年」を意味している違いがあります。

「定年」「停年」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典