スポンサーリンク

「定評がある」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定評がある」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定評がある」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定評がある」とは?意味

広く世間に認められていて、動くことのない評判・評価があることです。

「定評」には、世の中で広く認められている、動くことがない評判・評価という意味があります。

「ある」とは、存在する、物事がはっきりと認められていることです。

こういったことから「定評がある」とは、世の中で広く認められている、動くことがない評判・評価があるという意になります。

「定評がある」の概要

評判・評価は変わってしまいやすいものです。

しかし、中には動くことがない評判・評価がされている物事もあります。

その物事を指す言葉です。

ある料理研究家のことで説明します。

この料理研究家は簡単に作れるレシピを紹介しています。

簡単に作れるものというと、手抜き、おいしくないといったイメージを持っている人もいることでしょう。

高級レストランで出される料理は手間暇がかかっており、その分おいしいイメージがあります。

そういったイメージがあるため、手間暇かからない簡単なものは、手抜き、おいしくないというイメージが持ちやすいことでしょう。

しかし、この料理研究家が紹介するレシピは、簡単でありながらも本格的な味です。

決して、おいしくないといったものではないのです。

こういった料理を数々紹介することで、この料理研究家が紹介するレシピは、「簡単でありながら本格的な料理」という評判がつきました。

長年、こういったことをおこなってきたため、この評判はゆるぎないものとなっています。

これを「簡単でありながら本格的な料理と定評がある」と表現します。

今度はスポーツインストラクターのことで考えてみます。

この人はジムでトレーニングを教えています。

初心者でもわかりやすい指導方法です。

そして、その人の年齢、目的、体格などにあった方法で指導をしています。

細かいところまで指導してくれるため、指導を受けた人は目的を達成することができています。

この人は「きめ細かい指導をする」と評価されています。

ずっとこの方法で指導してきており、評価は変わることがありません。

このことを「きめ細かい指導で定評がある」と表現できます。

「定評がある」の言葉の使い方や使われ方

多くの人に認められている評判・評価があり、それが動かないものである場合に使用をします。

評判・評価がよいものである場合をいいます。

悪いことには使用しません。

また、一時的な評判・評価にも使用しません。

「定評がある」の類語や言いかえ

「ゆるぎない評判」が似たような意味の言葉です。

「ゆるぎない」には、しっかりしていて動かないという意味があります。

「ゆるぎない評判」は、しっかりしていて動かない評判という意味です。

まとめ

世間の評判・評価は変わってしまいやすいものです。

しかし、ゆるぎない評判・評価を得ているものもあります。

そのことを指す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典