スポンサーリンク

「実感を得る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実感を得る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「実感を得る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「実感を得る」とは?意味

実感とは、実際に行っているように感じることです。

錯覚に陥ったことと同じ意味になります。

そして実感を得るとは、まるで本当に体感したかのように感じられた状態を表しています。

また、前後の文脈次第では実際に体験できたという意味を含めることもある言葉です。

しみじみと「体験できてよかったなあ」と心から喜び、その喜びの感情を噛みしめるという意味になります。

「実感を得る」の概要

ただ漠然と毎日を過ごすことが当たり前になると、意欲的にチャレンジしたり、何かを達成することで感動したりする機会を逃す結果に繋がります。

そのため、喜びに浸ることや誰かと感情を分かち合う素晴らしさに気付けないままであることが当たり前になってしまうことも珍しくありません。

人は、好奇心を満たすために能動的に行動し、心を満たすことに幸せを感じる生き物です。

だからこそ、実感を得られる機会に恵まれるということは、生きる喜びに包まれているということ。

無欲、無関心な生活は、不幸であると言っても過言ではありません。

つまり、実感を得る機会が日常的にあるということは、生きる意義のある人生を歩んでいるということであり、とても素晴らしい毎日であると言えます。

「実感を得る」の言葉の使い方や使われ方

実感を得るという言い方をすると、とても丁寧な言葉という印象があります。

なぜなら、一般的には「実感する」と言えば十分に伝わるからです。

敢えて、得ると付け加えることで同じ意味でも改まった言い方に変わります。

この言葉を使う際は、実感の前にどんなことに対して感じているのかを付け加えます。

例えば、「生きる実感を得るために、私自身が心掛けていることは・・・」というように使えばOKです。

「実感を得る」の類語や言いかえ

「実感が沸く」という言葉があります。

感情が後から沸き上がってきた様を表す言葉です。

また、「身に染みる」という言葉も、身体全体で感じるという意味なので、とてもよく似ています。

また、「心に強く感じる」「痛切に感じる」「心に響く」「胸にこたえる」「自覚する」などの言葉も同じ意味として捉えて問題ありません。

身体や心で感じ取ることと考えられるからです。

まとめ

自分の行いの意味を知り、言った言葉に責任を持つ。

これら当たり前と思われることの結果が実感を得ることに繋がっています。

無意識、無責任のままに行動するだけでは、思うような成果や幸福感は得られません。

「こんなふうになるといいな」「そのために、こんな工夫をするのはどうだろう」と前向きに行動するからこそ、実感を得ることができるのです。

もちろん、良いことばかりとは限りませんが、悪いこともひとつの経験値として捉えれば悪いことばかりではないはずです。

そのような場合でも、「なるほど、こうなるのか」と学びに繋がります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典