スポンサーリンク

「実話」と「ノンフィクション」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実話」と「ノンフィクション」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、実話とノンフィクションを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

実話とは?

実話とは、本当にあった話のことを指します。

実際にあった驚きの話や運命的な出会いの話、感動的な話など、作った話よりも驚くべき現実の話をより深堀して、詳しく書いたものです。

現実にあった話だからこそ人の気持ちを掴み、感動させられる実話を基にしたドラマや映画を制作すれば多くの人の目を引き、話題となります。

使い方としては、「実話怪談倶楽部」「実話を基にした映画」と使われています。

実話と付けるだけで怪談話もより現実的でリアリティ溢れるものになりますし、映画もリアルに鑑賞できるわけです。

「実話小説」なら実際にあった話を小説にした読み物として多くの人に分かりやすく、そのとき人物がどう思ったのか、どういった行動を見せるのかなど詳しく書いていたもの。

「事実は小説よりも奇なり」というほどリアルで読み応えがあるものとして人気を博すのが、この実話の醍醐味なのです。

また、自分がやっていないことを伝えるときには「事実無根だ」と使い、事件が起きたときは「事実関係」と使い、犯人との関係を明らかにする意味でも使われています。

ノンフィクションとは?

ノンフィクションとは、事実の話をリアリティ溢れるよう手を加えた作品という意味があります。

事実の話を面白く描いた作品であり、虚構ではない話を扱っています。

このノンフィクションは「non-fiction」と書くように、「non」「ではない」「fiction」「事実」という意味が合わさった言葉でありますので、人や動物の身に起きた出来事を描いた小説やドラマ、映画によく使われています。

使われ方としては、「ノンフィクション作家」「ノンフィクション作品」と語尾に言葉を付け足して表現して使われる言葉です。

しかし、この言葉には完全な事実ではなく、あくまでも事実に基づく作品であり、一部分には多少の演出や虚溝がある作品という意味合いもあります。

実話とノンフィクションの違い

実話とノンフィクションの違いを、分かりやすく解説します。

一切の虚溝はなく描かれている作品に使うのが実話で、事実に基づいたものに多少の演出や虚溝を加えたものがノンフィクションという違いがあります。

実話の例文

・今回のこの事件に私は関わっていない。事実無根だ。

・私たちは問題に立ち向かうためにも、その事実から目を逸らしてはいけない。

自分が事件に関わっていないことをはっきり伝えたいと思うときに使えます。

また、理不尽な問題が起きたとき人々は立ち上がり、一丸となって事実と向き合う気持ちを表現できる言葉です。

ノンフィクションの例文

・今回選ばれたノンフィクション作家が書く小説は実に面白い。

・今週末に放送されるドラマはノンフィクションだというから期待できる。

今回のノンフィクション作家が書く小説は、事実や記録に基づいているからこそ好きという人はより面白さを感じるのです。

また、今度放送されるドラマはノンフィクションであるからこそ、ドラマも刺激的で惹きつけられるから期待する人もいます。

まとめ

本当に起きた話をうまくまとめて一つの作品にした事実はリアリティに富んだ作品として面白みがありますが、その事実を基により面白く描かれたノンフィクションも刺激的で楽しいものです。

どちらも好みがありますので、自分が好きだなと感じる方をより深堀して、追求してみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典