スポンサーリンク

「宣告」と「告知」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「宣告」と「告知」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「宣告」「告知」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「宣告」とは?

「宣告」には2つの意味があります。

一つは、口から言葉を出して知らせることです。

紙に書いて、それを見せて知らせることではありません。

野球の試合のことで考えてみます。

野球の試合には審判があり、アウト、セーフなどを口に出して、選手などに伝えています。

この行為を「審判が宣告」するといいます。

野球の審判は身振りも交えていますが、身振りだけでなく口でも伝えています。

口で伝え知らせているので「宣告」です。

もう一つの意味は、刑事事件の公判廷で、裁判官が判決を口にだして伝えることです。

裁判では最終的に、裁判官が判決を言い渡します。

裁判には、民事裁判と刑事裁判とがあり、刑事裁判の公判廷で判決を言い渡すことを「宣告」といいます。

「宣告」の使い方

口に出して伝えるという意味で使用をします。

とくに刑事裁判の公判廷で、裁判官が判決を口に出して伝えることに使用されます。

「告知」とは?

「告知」には2つの意味があります。

一つは、口に出して伝えること、広く伝えることです。

公の機関から伝えることも、そうでない機関や個人から伝えることも意味しています。

オーディションの募集をしていたとします。

このことを広く人々に伝えるために、ホームページに募集のことをのせました。

この行為は「オーディション募集の告知」ということができます。

広い範囲に渡って人々に知らせています。

もう一つの意味は、当事者の一方の意思表示によって、賃貸契約などの継続的契約を終わらせて、その後にわたっての効力を失わせることです。

契約を消滅させることを告げ知らせるという意味になります。

「告知」の使い方

特定の人や、広く人々に伝えることについて使用されます。

口に出して伝えることだけでなく、SNSやホームページなどで広く人々に伝えることにも使用することができます。

「宣告」と「告知」の違い

どちらの言葉にも告げ知らせるという意味が含まれています。

口に出して伝えるという意味は同じです。

しかし、それぞれの言葉で共通しない部分もあります。

前者の言葉は、とくに刑事事件の公判廷に関して使われることが多いです。

後者の言葉は、公の立場からだけでなく、そうでない機関や個人などから伝えられることも意味しています。

「宣告」の例文

・『余命を宣告された』

・『宣告を静かに聞く』

・『裁判で猶予を宣告された』

・『刑期を宣告される』

「告知」の例文

・『ホームページで告知する予定です』

・『イベントの告知』

・『がんを告知された』

・『来月にイベントが開催されることが告知された』

まとめ

どちらの言葉にも告げるという意味が含まれており、伝えて知らせるという意味は同じです。

しかし、「宣告」は刑事裁判について使われますが、「告知」はそういったことには使われない、といった点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典