スポンサーリンク

「家内」と「妻」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家内」と「妻」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家内」「妻」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家内」とは?

「家内」とは、目上の人や、親しくない人に対して、自分の配偶者を言う際に使用される言葉です。

しかし「家内」は、「家の中にいる人」という意味が含まれているため、男性は外で働き、女性は家で主婦をするという古い考え方があるため、現代では時代遅れとされて適さない言葉になってきています。

「家内」の使い方

「家内」は、目上の相手や親しくはない相手に対し自分の妻を指す場合に使用される言葉です。

そのため、「私の家内です」と言ったように、誰かに妻を紹介する際に使用されます。

しかし、近年では働く女性も多くなってきており、「家の中」という意味も含まれている「家内」は専業主婦を指す事になるため、時代とともに適さない表現に変わってきています。

「妻」とは?

「妻」とは、夫の配偶者で婚姻関係に夫婦の女性の側を指します。

元々婚姻関係ではなくても、生活を共にしている女性の事を「妻」と呼んでいましたが、当時については「さい」と呼び、「つま」と呼ぶようになったのは明治以降と言われています。

ただ「愛妻家」など「さい」と読む使われ方も残っています。

また「妻」は正式な書類上の続柄として使用される言葉であるため、夫の配偶者という意味の言葉が多数ある中では最も一般的と言えるでしょう。

「妻」の使い方

「妻」は、婚姻関係にある夫婦の女性側を指す場合に使用されます。

その使い方は広く、正式な書類として書き記す場合に「妻」が使用されますし、他人に夫が配偶者である女性を紹介する際にも「妻」は使用されます。

「家内」と「妻」の違い

「家内」「妻」は、ともに婚姻関係にあ夫婦の女性側を表します。

しかし「妻」は正式な文章で使用されるため、最も一般的な呼び方になっています。

一方「家内」は、目上の人や、親しくない人に対して、自分の配偶者について言う場合を指しますので「家内」という言葉が使用されるのは限られます。

その上、「家内」は専業主婦を強くイメージさせる言葉ですので近年は使用されなくなってきています。

まとめ

「家内」「妻」は、ともに婚姻関係である夫婦の女性側を表す際に使用される言葉です。

一般的には「妻」という呼び方で呼ばれていますが、話している相手や状況によって色々な呼び方があります。

その例として「嫁」「奥さん」「女房」など様々です。

その中でも「家内」は、目上の人や親しくない人に対して使用する言葉ですが、「家の中」という意味もあるため、「女性は家にいる」という考えからきている「家内」という言葉は古い表現になりつつあります。

場合によっては「家内」という言葉は適さない恐れがあるため、使用の際には注意するべきでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典