スポンサーリンク

「宿題」と「予習」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「宿題」と「予習」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「宿題」「予習」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「宿題」とは?

「宿題」「しゅくだい」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「教師により、家庭でやってくるべきとして生徒に課せられる学習の課題」という意味で「夏休みの宿題」などと言います。

主に学校や塾で使われ、授業の内容をきちんと理解できているか確認する為に出されるプリントやドリル、ノートや作文などがあります。

夏休みなどの長期休暇の場合は五教科の他に、美術や家庭科などの「宿題」が出されることもあります。

2つ目は「解決できずに後日に持ちこされる課題」という意味で、「その件に関しては次回までの宿題とします」などと言います。

こちらはビジネスで、会議の場で決まらないことや、質問されてその場で回答できない時などに使われます。

上記に共通するのは「後でするべきこと」という意味です。

「予習」とは?

「予習」「よしゅう」と読みます。

意味は「前もって学んでおくこと」です。

これから学ぶことに対して、誰かに指示されるのではなく、事前に自分から勉強しておくことを言います。

特に提出義務はなく、授業や講義、会議などをスムーズに受ける為にするのが目的です。

学習塾によっては「予習」「宿題」としているところも多く、更に「復習」を行うことで、より効果的に内容が理解できます。

「宿題」と「予習」の違い!

「宿題」「教師により、家庭でやってくるべきとして生徒に課せられる学習の課題」「解決できずに後日に持ちこされる課題」です。

「予習」「前もって学んでおくこと」です。

まとめ

今回は「宿題」「予習」の違いをお伝えしました。

「宿題」「後でやるべき課題」「予習」「事前に勉強すること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典