「察知する」と「感知する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「察知する」と「感知する」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「察知する」「感知する」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「察知する」とは?

「察知する」の意味と使い方について紹介します。

「察知する」の意味

「察知する」「さっちする」と読みます。

意味は、「情報や経験をもとに、自分で推しはかって認識すること」です。

「察知する」の使い方

「察知する」は、今迄に自分が得た情報や経験を元に、推察してものごとを認識することを言います。

今までどの様な動きがあったかなどの情報を元に、そん後の動きや変化などを知る時に使います。

基本的に「素早く読み取る時」に使われ、攻撃を受けそうになる時に「相手の動きを察知する」などと使われます。

正確に「察知する」為には、傾向や性質など判断材料になる多くの情報量が必要になります。

「感知する」とは?

「感知する」の意味と使い方について紹介します。

「感知する」の意味

「感知する」「かんちする」と読みます。

意味は「機械が一定以上の刺激に反応すること」「人や動物が本能的に気付くこと」です。

「感知する」の使い方

「感知する」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「機械が一定以上の基準を超えた刺激に反応すること」という意味で、機械が物の質量や熱量などに反応して知らせることを言い、「レーダーが物体を感知した」などに使われます。

2つ目は「人や動物が本能的に気付くこと」という意味で、その場の雰囲気や空気の流れなどから直感的に気付く時に使われ「危険を感知する」などに使われます。

「察知する」と「感知する」の違い!

「察知する」「情報や経験をもとに、自分で推しはかって認識すること」です。

「感知する」「機械が一定以上の刺激に反応すること」「人や動物が本能的に気付くこと」です。

まとめ

今回は「察知する」「感知する」の違いをお伝えしました。

「察知するは推測して知る」「感知するは本能的に知る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典