スポンサーリンク

「対価」と「代価」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「対価」と「代価」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

報酬とよく似た言葉に「対価」「代価」があります。

この記事では、「対価」「代価」の違いを分かりやすく説明していきます。

気になる違いを、正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「対価」とは?

対価(たいか)とは、人を動かすための報酬のこと。

してくれたことに対する、ご褒美のようなものです。

何かをおこなった代わりに、受け取る利益のことです。

対価の対は「つりあう」という訳があります。

価は「値段」つまりお金のことなので、貨幣に相当するものという意味になります。

そのため対価に見合う仕事で、ちょうどいい給料の仕事のこと。

その逆の対価が見合わない仕事は、給料とのバランスが取れていない仕事のこと。

対価を支払うで、金品を与えること。

対価を得るで、報酬を受け取るという意味となります。

つまり対価とは仕事をおこなった見返りとして、もらう報酬のこと。

対価と仕事のつり合いが取れているものほど、理想的な状態となります。

「代価」とは?

代価(だいか)とは、商品の値段のこと。

例えば100円の大根が売っていたら、この商品の代価は100円となります。

また代価には何かをおこなったことで受けた損害もあらわします。

商品と代償、このどちらかで使われます。

代価の「代」には、他のものと取り換えるという意味があります。

商品やサービスを買うときに、必要になってくるのが1万円札や5千円札などの紙幣。

当たり前ですが何かを買うときには、お金を差しだして品物を受け取ります。

つまりお金と物々交換をしながら、好きな物を受け取ります。

この行いをあらわしているのが「代価」です。

ちなみに建築系の業界でよく用いられるのが「代価表」です。

代価表にはそれぞれの工事の単価や内訳が記載されていて、どんな作業にどのくらいの費用がかかるのか、ひと目で分かるようになっています。

分かりにくいものを、分かりやすく整えたのが代価です。

「対価」と「代価」の違い

どちらも読み方が似ているため、混在して使うことがあります。

「対価」「代価」の違いを、分かりやすく解説します。

「対価」は仕事のギャラ

対価と代価は、紛らわしい言葉のひとつ。

どちらがどんな意味なのか、混乱してしまうことがあります。

対価とはインセンティブのこと。

仕事をおこなった分のギャラを指しています。

それに対して代価とは、商品の値段のこと。

サービスや物の、価値のことを指します。

労働に対する報酬が対価。

物の値段にあたるのが代価です。

また代価には「犠牲」という意味もあります。

対価を払うというと、犠牲を払うと同じ内容の言葉になるので注意しておきましょう。

まとめ

「対価」「代価」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもお金にまつわる言葉です。

対価とは仕事に対する、報酬のこと。

受け取るお金のことです。

代価とは商品の代金のこと。

何かにチャレンジする時の一時的な損害という意味もあります。

見分けが難しい言葉をしっかり区別して、ボキャブラリーの数を増やしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典