スポンサーリンク

「専業主婦」と「育休中の妻」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「専業主婦」と「育休中の妻」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「専業主婦」「育休中の妻」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「専業主婦」とは?

「専業主婦」の意味と使い方について紹介します。

「専業主婦」の意味

「専業主婦」「せんぎょうしゅふ」と読みます。

意味は、「結婚後、仕事をせずに家事・育児など家庭内の労働に専念する女性のこと」です。

「専業主婦」の使い方

「専業主婦」は、結婚後、仕事をせずに家事・育児など家庭内の労働に専念する女性のことを言います。

フルタイム、パートタイムなど、賃金の発生する労働をせずに、収入は配偶者に任せて、家庭内での労働を受け持ちます。

少し前までは「専業主婦は楽」「専業主婦は無職者」などの厳しい見方もありましたが、子育てと家事労働は立派な仕事であるとの見方をする人も増えています。

「育休中の妻」とは?

「育休中の妻」の意味と使い方について紹介します。

「育休中の妻」の意味

「育休中の妻」は、「いくきゅうちゅうのつま」と読みます。

意味は「会社から育児休暇の許可を取り、一時的に子育てと家事に専念している既婚女性のこと」です。

「育休中の妻」の使い方

「育休中の妻」は、会社から育児休暇の許可を取り、一時的に仕事を休んで、子育てと家事に専念している既婚女性のことを言います。

育休期間が終れば仕事に復帰しますが、会社によっては時短やパートへの移行を認めてくれるところもあります。

育休は、原則として子どもが1歳になるまで取得が可能で、女性は産後8週間の産休後の10か月間になります。

「専業主婦」と「育休中の妻」の違い!

「専業主婦」「結婚後、仕事をせずに家事・育児など家庭内の労働に専念する女性のこと」です。

「育休中の妻」「会社から育児休暇の許可を取り、一時的に子育てと家事に専念している既婚女性のこと」です。

まとめ

今回は「専業主婦」「育休中の妻」の違いをお伝えしました。

「専業主婦は賃金労働していない主婦」「育休中の妻は仕事に復帰予定の主婦」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典