スポンサーリンク

「少数精鋭」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「少数精鋭」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「少数精鋭」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「少数精鋭」とは?意味

「少数精鋭」は、兵隊などにおいて破壊工作や妨害工作を行う場合、任務を必ず遂行させるためにあえて少ない人数で任務を遂行する部隊のことを意味します。

つまり、たくさんの人員を割いて行動をした場合、目立つが故、破壊工作や妨害工作の他、スパイ活動は失敗をしてしまいますが、これを優れた物だけを集めて行動してもらうことで成功率を高めるために存在するのが「少数精鋭」です。

「少数精鋭」の概要

「少数精鋭」は、実は軍隊による考え方で優秀な人物だけで極秘作戦をこなし任務を達成させるという考えが「少数精鋭」です。

この考えを戦後において軍隊以外でも通用する考えであるということが分かると「少数精鋭」は優れた人間を集めて行動させ会社においてはプロジェクトを成功させるための無駄な人員を省くという言葉で使用されています。

その為、精鋭というのは、最も勢いがあり尖った人物のことを指し、兵隊で言うスペシャリストでなければ、ならず、それを大量に添えて行動する場合、「多数精鋭」という言葉になります。

なお、「多数精鋭」は少数という部分の制約を解除して手あたり次第優秀な人材を投入して物事の解決に当たることです。

「少数精鋭」の言葉の使い方や使われ方

「少数精鋭」は、優秀な人材を集めて優秀な人物のみで物事を進める場合に使用し、これに該当する人物たちは優秀な人物になります。

「少数精鋭」を使った例文

・『自動車の燃費向上プロジェクトのために少数精鋭を選び出す』
この例は、自動車の燃費の向上のために少ない優秀な人物でプロジェクトが進むよう、人材を選び出すという例です。

「少数精鋭」は少ない数で優秀な人物たちにお仕事をして貰うことになり、この例では、お仕事内容は車の燃費の向上です。

・『他国の大統領暗殺に少数精鋭部隊を招集する』
この例は、他国の大統領を極秘裏に殺害できる優秀な少数部隊を号令を出して集める例です。

「少数精鋭」は、少ない人間で構築され、軍隊においては統率がなされた少数の部隊のことになります。

まとめ

「少数精鋭」という言葉が軍隊のことではなく、会社や運動選手の集まりなどに使用されるようになったのは、戦後において、「少数精鋭」という考え方が実社会にも通用する部分があることで、「少数精鋭」という言葉が周囲に広がりました。

この精鋭という部分が卓越した人物で尖りがある人物のことで軍隊で言うスペシャリストに当たる部分です。

これに対して、「多数精鋭」という言葉もありまして、これは目標達成のために手段で人数を多くしたうえで優秀なもので対処すれば成功率が上がるという考えがこのやり方です。

この方法は、「少数精鋭」のように極秘裏に物事を解決するのではなく、堂々と物事を解決するために使用する言葉で、例えば救助隊などは、堂々と人助けをしますので、「多数精鋭」が許されます。

自衛隊も、「多数精鋭」が許されており、人命救助においては、同盟国が困っている場合、「多数精鋭」を行使して人助けが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典