「就職ガイダンス」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「就職ガイダンス」とは

就職ガイダンスというのは高校や大学で行われている就職に関するガイダンスを指します。

夏休み前から10月ごろまで行われることが多く、就職に関する意識を高めてもらうためにどの大学も就職ガイダンスに力を入れていると考えられています。

早い時期から始めた方が意識付けを成功させられると考える担当者もたくさんいます。

「就職ガイダンス」の意味

就職ガイダンスでは就職状況や就活をする心構えについて学生に説明をすることが多く、企業における人事担当者や卒業生を招待し、仕事のあり方や就活の始め方、エントリーシートの書き方や面接を受けるときのマナーなども丁寧に説明することが多いです。

また、最近では保護者に向けて就職ガイダンスを行い、家庭でのあり方を説明することもあります。

「就職ガイダンス」使い方

自由気ままな大学生活を過ごしてきた学生にとって、就職にはなかなか現実感が持てないかもしれません。

だからこそ、学生たちに就職ガイダンスを提供し、就活前にモチベーションを高めようとする大学が増えています。

就職ガイダンスという言葉は学生の意識付けの為にも重視されている言葉です。

「就職ガイダンス」の例文・短文

ここでは就職ガイダンスという言葉を使った文章を紹介します。

就職ガイダンスは就職説明会とは違いますので気をつけましょう。

「就職ガイダンス」の例文1

「夏休み前から就職ガイダンスが始まるよ」

先ほども述べた通り、多くの大学では夏休み前から10月ごろにかけて就職ガイダンスを開催します。

しかし、就職を控えた学生たちにとってはまだ現実味がなく、友達同士で「就職ガイダンスっていつからだっけ」「夏休み前から始まるよ」などという会話をすることもあるのではないでしょうか。

就職ガイダンスがいつから始まるのか、しっかりと把握しておきたいものです。

大学によっても違いますので注意が必要です。

「就職ガイダンス」の例文2

「就職ガイダンスにはぜひ参加したほうがいいよ」

就職ガイダンスは就職説明会のように、参加しなければ入社試験を受けられないなどといったものではありません。

また、面接時のマナーなどは聞かなくてもわかっているなどと感じてしまう人もいる事でしょう。

しかし、就職ガイダンスによって現代の就職状況や就活生が失敗しやすいポイントなどを教えてもらうことができます。

就活を早く終わらせるためにも、出来る限り就職ガイダンスに積極的に参加し、意識付けをしておきましょう。

モチベーションを高めることで前向きに就活をすることができます。

「就職ガイダンス」の例文3

「今度就職ガイダンスにあの会社の人事担当者が来るらしい」

毎日のように行われる就職ガイダンスでも、大学の就職担当者や卒業生が話をしていると、なかなか興味をそそられないという人もいるかもしれません。

しかし、そんな就職ガイダンスに大手企業の人事担当者が来ることになったら、ぜひ話を聞いてみたいと思う人もいる事でしょう。

大手企業では人事担当者は何を重視しているのか、ぜひ自分の耳で聞いておきたいものです。

人事の人の話は聞いて無駄なことがありません。

「就職ガイダンス」の例文4

「来週の就職ガイダンスに参加できないから、何か大切なことがあったら後から教えて」

就職ガイダンスは出来る限り出席したいものですが、場合によっては都合が合わず、出席できないということもあるでしょう。

しかし、出来る限り就職ガイダンスは逃したくないものです。

だからこそ、もしも出席できないというものがあったら友達に出席できないことを伝え、その時に言われた大切なことなどを後から教えてもらえるようにお願いしておきましょう。

行けないからといって諦めるのではなく、いけないからこそ何とかするという気持ちを持つことも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典