スポンサーリンク

「尽力」と「助力」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「尽力」と「助力」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「尽力」「助力」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方を把握して、是非ともご自分のものにして上手に使いこなしてみてください。

言葉を使いこなせると、日常がとても楽しくなります。

スポンサーリンク

「尽力」とは?

最初に「尽力」の意味をご説明致します。

「尽力」の意味としては、自分が目標としているものに対して、自分の持っている力の全てを尽くすという意味があります。

是非ともこの言葉の意味を理解して、役立ててみてください。

「助力」とは?

次に「助力」の意味を解説していきます。

「助力」の意味としては、他人が行っている仕事や作業等に対して、自分が余裕あれば手助けをするという意味があります。

簡単に言いますと、「手伝う」という意味と理解すると非常に分かりやすいはずです。

是非とも把握して、覚えておいてください。

「尽力」と「助力」の違い

ここの項目にて「尽力」「助力」の違いを解説します。

「尽力」「助力」の違いは、上で説明した内容を参照していただくことで違いが分かってくるはずです。

前者の「尽力」というのは、目的に向かって自分の持っている力の全てを尽くすという意味になります。

そして、後者の「助力」というのは、相手を助ける(手伝う)という意味になりますので、是非ともこの違いを把握しておいてください。

次は「尽力」「助力」の使い方を見ていきましょう。

「尽力」と「助力」の使い方の違い

「尽力」「助力」の使い方の違いは、上の違いを参照してみてください。

すると簡単に使い方の違いは、容易く想像できます。

「尽力」を使う場合は、「彼は医者として手術に尽力して患者を助けた」というのが分かりやすいでしょう。

そして、「助力」というのは、「息子への助力となるべく、仕送りをしている」というのがイメージしやすいことでしょう。

以上が「尽力」「助力」の使い方の違いとなりますので、覚えておいてください。

「尽力」を使った例文

ここでは「尽力」を使った例文を書いていきます。

・『彼は医療の発展に尽力した偉大な医者だ』
・『戦後の復興に尽力した元軍人である』
・『試合に勝利するべく、練習の質向上に尽力した』
・『車の安全性向上のために設計者は尽力したようだ』
・『戦果拡大のためにパイロットの養成に尽力した司令官である』
以上が「尽力」を使った例文になりますので、参考になれば幸いです。

「助力」を使った例文

次は「助力」を使った例文を書きます。

・『僕も復興の助力になりたいと考えている』
・『医療発展の為ならば助力は惜しみません』
・『息子に金銭的に助力したいと思っている』
・『仕事をスムーズに進めるために助力したら感謝された』
・『困っているとスタッフの方が、助力してくれたので本当に助かりました』
以上が「助力」を使った例文になりますので、是非とも覚えておいてください。

「まとめ」

まとめとしては、「尽力」というのは、目的や目標に向かって自分の持っている力を惜しみなく尽くすことを意味しているのです。

そして、「助力」というのは、人の手助けや手伝いをするという意味であり、そのような時に使うという事を覚えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典